2011年10月15日「バクテリアdeキエーロ」視察ツアー

葉山で生ゴミコンポスト「バクテリアdeキエーロ」を考案し、普及した松本さんにお会いするためTTKメンバー3人で葉山市へ向かいました。葉山の海の見える高台の素敵な家で、初代キエーロがしっかりと働いている姿がみられました。

f0205929_6381792.jpg


キエーロの一番の利点は、エネルギーゼロで、生ゴミを分解・消去してしまうところです。
家庭ゴミは年間約200Kgでその90%は水分といわれており、正味20Kgの生ゴミを最終的に20gほどにしてしまうそうです。匂いも全くなく、虫もわかないので、他のコンポストと比較しても、優れた利点が多々有ます。
葉山市の市長が訪れて葉山市推奨のコンポストにして、助成金によって、市民は1,000円で購入できることや、鎌倉市でも、90%の助成が受けられることなども、うなずけました。(早見表参照)

f0205929_635380.jpg


松本さんの奥様の話では、キエーロの功績から、松本宅一帯のエリアをモデル地区にする話が持ち上がって、それを引き受けたそうです。最初は半信半疑であったご近所さんたちも今では、当たり前のように生ゴミのコンポスト処理を行い、その結果、この地区の可燃ゴミが、約40%減ったそうです。(つまり可燃ゴミの約4割は生ゴミ!)

その後は、その地区に資源小屋(分別ゴミ置き場)を作ったところ、さらに減って、可燃ゴミの約70%が削減されたそうです!

f0205929_6362830.jpg


また同じく葉山町の天然酵母パン工房くうらの手づくりの可愛いキエーロにもあってきました。

f0205929_637838.jpg


このようにキエーロは、すでに葉山町、逗子市、鎌倉市で合わせて1,000台くらい設置されているそうです。

TTKでは、この画期的な生ゴミ・コンポスト、「バクテリア・デ・キエーロ」をはらっぱ祭りで、展示し、さらに11月20日に、雨デモ風デモハウスに、発明者の松本さんをお招きしてワークショップを開催しようという案もでました。

○リンク

http://lifestyle.infolink-japan.net/compost/hayama03.html
http://www.town.hayama.lg.jp/about/a_12/syoriki04.html
[PR]
by ttkoganei | 2012-02-29 06:38 | イベント報告
<< 2011年11月5日、6日 武... 2011年7月1日 「市民がつ... >>