トランジションタウン小金井・ニュース(第6号2013.06.03)

○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 6月号
トランジションタウン小金井・ニュース(第6号 2013.06.03)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○

TTKつながりのみなさま

TTK共同代表/事務局長の梶間 陽一です。

今年6回めのメールニュースをお送りします。

このTTKニュースは毎月、月初めにお送りする予定です。

配信を希望されない方は、お手数ですが、その旨ご連絡ください。

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○
TTKニュース 目 次
1、東京にしがわ大学とのコラボ・ワークショップ「ロケットストーブと過ごす夏」
2、こがねいロケよび隊とのコラボ作品「小金井歳時記」完成、お披露目会6/9決定!
3、6/22トランジション・シンポジウム
4、コミュニティのある暮らし、「三田の家」見学会の提案について
5、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

1、東京にしがわ大学とのコラボ・ワークショップ「ロケットストーブと過ごす夏」
いよいよ今週の6月8日(土曜日)に開催されます。御陰さまで定員枠いっぱいの
お申し込みをいただきました。またご報告いたします。
http://www.tokyo-nishigawa.net/class/2013/06/2013-06-02.html.html


2、こがねいロケよび隊とのコラボ作品「小金井歳時記」完成、お披露目会6/9決定!

この度、トランジションタウン小金井とこがロケは共同で、小金井の四季を表現する
映像作品「小金井歳時記」を制作しました。編集・演出は私が担当しました。
完成した作品のお披露目会を、以下の通り開催いたします。
お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

▼日時 6月9日(日)15:30~16:30 ※途中入退場可
▼場所 シャトー2F(ニーエフ)カフェ
    小金井市本町6-5-3 シャトー小金井 2階
    JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分 
▼料金 無料(ワンドリンク付き、2杯目以降は実費)
▼申込 6月7日(金)までにメールまたはTELでお申込みください。
    メール:koganeilocation@gmail.com 
    TEL:042-304-8339(NPO法人ひ・ろ・こらぼ内 担当:むすぶ)

【「小金井歳時記」作品情報】
この作品は、以下の内容で構成されています。上映時間は約17分です。
・こがロケ隊員が撮影した写真
・トランジションタウン活動で撮影した映像
・昨年の「小金井が好きだ。」コンテストで応募いただいた写真
・観光協会時枝さまから提供いただいた画像
・BGMは、小金井に縁のあるミュージシャンの方々の音楽

今後、こがロケが関わる各種イベントでの上映を予定しています。
また、小金井市内の施設で放映していく案が出ています。
(現時点で案が出ているのは、黄金井の里モニタ、市民交流センター1階ロビーモニタ等)

以上 皆さまのお越しをお待ちしております。

こがねいロケよび隊
隊長 田村秀美
http://koganeilocation.jimdo.com/

トランジションタウン小金井
共同代表 梶間陽一


3、6/22トランジション・シンポジウム

☆トランジションシンポジウム 6/22開催
・トランジションのことを聞いたことはあってもよくわからない
・どのように活動&参加していけばいいのだろうか?
・似たような活動しているのだけれど、何か参考になるかな?
など、トランジションに興味がある方、トランジションの活動して
いる方を対象に、イベントを開催します。

《ーーーーー転送、転記、拡散歓迎します!ーーーーー》
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

     トランジション・シンポジウム 2013

        コミュニティのそだてかた

   ~つながりつづける秘訣とは!?
       活動を、グループを、持続可能にするヒント~

*インターネットで東京の本会場と全国各地の会場を結んで同時開催!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ジモトの仲間とつながって、
食やエネルギーの小さな循環をつくり、
お金万能の世界からのシフトをワクワク実現していく
トランジションタウン(以下TT)が日本各地で動き出して、もうすぐ5年。

「TTってなに?」という方から
「だいたいわかってるけど、疑問点もいろいろ…」という方、
「自分も実践中なので突っ込んだ話が聞きたい!」という方まで、
お待たせいたしました~!

全国のTTからの最新とれたて情報が集まる
今年のトランジション・シンポジウムは、6/22(土)です。

せっかく始めたグループや活動が
最初の熱い確信と盛り上がりはどこへやら、
あっと言う間の空中分解…!?
しないための秘訣とは?

たとえば活動のユニークさで注目の藤野電力は、
どんな組織づくりをしているの?
バランスがよく楽しく活動しているグループも多いはず。
そのポイントを聞いてみよう!

今年は「コミュニティのそだてかた」と題し、
つながりや活動を持続可能にするヒント盛りだくさんでお送りします。

《プログラム》 第1部のみ、第2部のみの参加もOKです。

第1部 映画タイム 11:00-12:45

  - 映画『In transition 2.0』上映

  - 映画『日本のトランジションタウン事例集2012ダイジェスト版』上映


 *昨年のシンポジウムでも大きな話題を呼んだ、
  国内外の興味深いTT事例を集めた2本の映画を上映します。

第2部 トークタイム 13:15-16:50

 < TTなギモンにきめ細かくお答えするトークセッション!>

 *事前(6/15(土)まで)に質問をお寄せください。
  宛て先:transitionjapan☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください)
  「あのTTのあの人にこんなコト聞きたい!」ご指名もOKです。

  例)
  - ユニークな組織づくりの秘訣
  - 崩壊の危機をどう乗り越えたか

 <元気復活なTTに聞く>

 <ノリにのってる&個性的な新ワーキンググループ登場>

 <コミュニティの土壌づくり!メンバーを増やす地域通貨とは?>

  -しくみについてのトーク
  -おたがいさま体感ワークショップ


第3部 交流会(学内で開催) 17:10-19:00

 *各TTの出店ブースに立ち寄って、
  TT実践者と直接交流しながら、
  TT自慢の美味しいものをお楽しみください。
  個人的な質問を直接ぶつけるチャンスでもあります。

《サテライト開催してみませんか?》

昨年同様、インターネットのUSTREAMを利用して東京の本会場と
各地のサテライト会場を結び、全国同時開催を予定しています。

Ustのチャット欄(ソーシャルストリーム)やSkypeを利用して、
全国のTTまたはTT予備軍的なみなさまからの
質問やコメントも可能な2WAY展開も計画中です。

お申し込み:transitionjapan☆gmail.com (☆を@に変えてお送りください)

《日時》 6月22日(土)11:00 ~ 19:00(10:30開場)

《場所》明治学院大学 白金キャンパス アートホール
   (東京都港区)
http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

《アクセス》
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/index.html

《参加費》
第1部 500円
第2部 トランジション・ジャパン会員/サポーター会員 500円
一般 事前予約 800円 当日 1000円
第3部 交流会(飲食は各TT出店ブース(有料)をご利用ください)

トランジション・ジャパン会員/サポーター会員の方は会員証をお持ちください。
割引は当日ご入会の方にも適用されます。
http://transition-japan.net/wp/transitionjapan
(年会費はサポーター会員1200円/会員5000円です。
 ぜひ、日本のトランジションを育てるサポートをお願いいたします。)

《昼食について》
近くには買ったり食べたりする場所がほとんどありません。
ランチはご持参されるか、または、
ご希望の方は「大豆ミートのごま香り揚げ弁当」
(オーガニック/ベジ)に限り、ご予約時にご注文できます(1000円)
http://m-delivery.jp/bentou/vegemeatgoma.html
下記お申し込みフォームにご記入ください。(6/20締め切り)
お飲物もご持参されることをお勧めします。
ブースでの飲食販売は17:00の懇親会からとなります。
(マイ皿、マイ箸、マイカップご持参ください)

《参加お申し込み方法》
下記のフォームよりお申し込みください。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/93697/


※映画『In Transition 2.0』(『トランジション進行中2.0』)とは?

2012年、Transition Network制作 1時間6分

いま住んでいる地域をコミュニティの力を合わせて活動することで、
持続可能にしていくこと。それがトランジション・タウン。
すでに世界1800地域、日本では25を超える地域がトランジション・タウンとして
名乗りをあげ、あるいはその準備を始めています。
『In Transition 2.0』は、日本語に訳せば『トランジション 進行中 2.0』。
イギリス、アメリカ、ポルトガル、ニュージーランド、インド、日本など
世界各地の多岐にわたる取り組みが紹介されているドキュメンタリー映画
です。

トランジション運動の始め方から地方自治との協働まで。
顧客が出資するパン屋さん、地域の発電所つくり、といった先進的な取り
組みと同時に、空き地や駅のホームに菜園を作ったり、村を清掃したり、
家の壁を塗り替えるだけでも、人が元気になる、地域に活気が出てくる。
そんな、トランジション・タウンの魔法ともいえる事例もたっぷり。
この映画を見たら明日からでも自分の住んでいる地域で始めたくなるかも
しれません。
日本からは藤野電力の活動が紹介されています。

主催:NPOトランジションジャパン
http://transition-japan.net/

共催:明治学院大学国際平和研究所
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/


4、コミュニティのある暮らし、「三田の家」について

さまざまな人が出会い、学び合える場所。「三田の家」
「芝の家」に学ぶ、地域の交流拠点のつくりかた。
   http://greenz.jp/2013/05/15/mitanoieshibanoie/

私も受講したEDE(Ecovillage Design Education)の2期生が
関わっている興味深いプロジェクトです。TTKでも見学会を考えています。

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○
5、編集後記
こがねいロケよび隊とのコラボ作品、「小金井歳時記」が完成した。
出来上がった作品を見て、つくづく小金井の自然の豊かさを実感した。
まさしく四季折々の表情があって、それと共に生きる市民の営みがあって
様々な風景がある。一つの街でこんなに表情豊かに表現出来るところは
そうそうないのではないか。作っていて、写真の場所がわからない所も
多々あった。みなさんもぜひご覧になって、写真や映像の場所をあてて
いただけると楽しみも倍化するでしょう。ぜひお披露目上映会に足を
運んでください。

編集責任者 梶間 陽一
トランジションタウン小金井 共同代表/事務局長
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン理事/映像ワーキング・グループ
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

映像作家
TheResisTV(YouTube)
http://www.youtube.com/my_videos
[PR]
by ttkoganei | 2013-07-28 15:08 | TTNews
<< トランジションタウン小金井・ニ... トランジションタウン小金井・ニ... >>