「つながりの杜 En」という農業ワーキンググループが立ち上がりました。

 2014年から「つながりの杜 En」という農業ワーキンググループが立ち上がりました。
 これは、小金井にある学芸大学の敷地内にある田んぼと畑を借りて農業をおこなっていくコミュニティです。

 コミュニティの概要は以下の通りです。ご興味を持った方は是非ご参加ください。

1.〈コミュニティの名前〉

 つながりの杜 En(えん)

2.〈コミュニティの活動場所〉

 東京学芸大学内の田んぼ&畑

3.〈コミュニティの説明〉

 学芸大学の杜に身と心を委ね、自然と人とのふれあい、語り合いから本来の自分に還り、つながりを取り戻す地域コミュニティ

 地球環境・自然・人のこころ・多様性に配慮した持続可能な未来をつくるために地域ができることを考え実践するコミュニティ

 いのちといのち、こころとこころ、愛と愛が寄り添いつながれる安心・安全・平和なスペース、杜から始まる。

 この活動を通して、「つながりのちからが新しい未来をつくる。」ということを伝えていきたいと思います。

3.〈コミュニティの8つの具体的活動内容〉

 みんなで
 ① 作る
 ② 食べる
 ③ 飲む
 ④ 話す
 ⑤ 楽しむ
 ⑥ よろこぶ
 ⑦ 分かち合う
 ⑧ つながる

<例えば・・・>
 ① 田んぼでのお米づくり
 ② 畑での季節の野菜づくり
 ③ 収穫したものを食べる
 ④ 地球のこと、地域のこと、自分のことをみんなと対話する
 ⑤ 対話したこと、やってみたいことをやってみる
 ⑥ 夢を語る
 ⑦ 自分とつながり、すべてとつながっていることを実感する
 ⑧ さまざまな関わりの中で学ぶ、育む

4.〈コミュニティの約束〉

 ① ひみつをまもる / 守秘義務
 ② みんなおともだち / 個性を尊重する
 ③ ありがとう / 感謝する
 ④ みんなをたいせつにする / 自分も、自分以外も大切にする
 ⑤ みんながきもちよくなる / 環境に配慮する
 ⑥ まずやってみる / 失敗も成功も祝福する
 ⑦ ぼちぼちやる / 急がない
 ⑧ わくわく・ウキウキ / 遊んで楽しむ

5.〈コミュニティの参加条件〉

 誰でも参加可能

6.〈コミュニティが持続していくための問い〉

 楽しめているか?
 みんなのためになっているか?

7.〈 En の意味〉 → 再検討 

 私たちのコミュニティ名の“En”には、次のような想いがあります。
 縁、円、○、園、宴、演、艶、・・・・・
 Energy (エネルギー)、Enjoy (楽しむ)、Enough (足る)、Entertainment (おもてなし)、
 Earth (地球)、Easy (気楽、安心)、Eco (環境)、Echo (共鳴)、Education (教育)、
 Evoke (呼び起こす)、Nature (自然)、・・・・・

以上
[PR]
by ttkoganei | 2014-05-07 13:16 | つながりの杜 En
<< 第1回~3回の農作業 トランジションタウン小金井・ニ... >>