TTK News 6月号

楽しくつながるみなさん


6月は梅雨なのに、水無月というのも不思議ですね。語源では無は「の」

にあたる連体助詞で、水の月=田に水を引く月という意味だそうです。

うむ、納得! いよいよ田植えです。


○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○

TransitionTown・Koganei・News 6月号

トランジションタウン小金井・ニュース(2015.6.1)

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○

TTKニュース

1、クラウド・ファンディング「MotionGallery」のご報告

2、つながりの杜Enからのお知らせ

3、TT Bar 6月

4、トランジション合宿のお知らせ

5、ハケのぼちぼちハウス準備会Vol.17、澤田さん(TT南阿蘇)交流会報告

6、動画プロファイル「ネパール大地震復興支援PJT」

7、何気に「俳句」登場

8、シリーズ『言霊の巣』

9、編集後記

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○


1、先進の未来社会へのタイムトラベル〜映画『エコビレッジとトランジションタウンへの旅』

クラウド・ファンディングのご報告


ファンディングしていただいたみなさま、また情報拡散にご協力いただいたみなさま、本当に

ありがとうございました。心強く励まされた一ヶ月でした。

結果は、コレクターの方51人、集まった金額409,000円で、大変、残念ながら到達目標に届かず、このプロジェクトは断念せざるをえなくなりました。

先進の未来社会へのタイムトラベル〜映画『エコビレッジとトランジションタウンへの旅』


反省点としては、◯初動の遅れ=プレゼン画面を作るのに1ヶ月かかってしまった。◯プレゼン・チームを結成しなかったこと。◯プロモーション計画がなかった。などがあり、やはりプレゼンする仲間作りから始めた方がよいと思いました。みなさんのクラウド・ファンディングへの挑戦時の参考にしてください。このプロジェクトは達成できませんでしたが、クラウド・ファンディングは、私たちの夢や希望の実現にとって、非常に有効な優れたプラットホームだと感じました。これに懲りずにまた次のプロジェクトに挑戦したいと考えていますので、その時はまたご支援・ご協力いただければ幸いです。「失敗は成功の元」


2、つながりの杜En 5月活動報告

5/3(日)、5/17(日)、田起こし、畦づくり、草刈り等を行いました。

子どもたちの参加も増えており、とても楽しい場になっています。

5/31(日)、キッズカーニバル(@学芸大 芸術館)に参加しました。

木の枝や松ぼっくりや葉っぱなど自然の素材を組み合わせてオブジェを作るワーク

ショップをやりました。これは大人気で朝から3時の終了時刻まで、子どもたちで

賑わい昼食もとれない状態でした。

そこで、杜Enに興味を持っていただければ幸いです。

6月の予定は、以下のとおりです。

6/7(日)田んぼの代かき、草刈り

6/14(日)田植え、草刈り

6/28(日)大豆の種まき、草刈り

みなさまのご参加をお待ちしております。 てる


3、TT Bar 6月

6月のTT Barは、6月4日(木)、19:00から新小金井WESTで行います。

内容は、つながりの杜En、ハケのぼちぼちハウス、こがでん、他、各ワーキング・グループからの報告と提案、今年の活動案、の予定です。見学、初参加も大歓迎です。

喫茶WEST

http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm



4、トランジション合宿のお知らせ


トランジション合宿(TT合宿)とは、現在みなさんが行っているさまざまな活動をより活発にしていく方法や、市民活動が陥ってしまいがちな問題をクリアする方法、創造的なチームビルディングの作りかたや、運営に関わる人やグループ内での心のケアなど、活動を進めていく上での疑問などに応えるワークショップ形式のプログラムを12日で行うものです。
活動を続ける中で出てくる問題等は、実は多くの方々も感じている普遍的な問題だったりします。
具体的に実践に即したノウハウやスキルを深く学び、皆さまのこれからの活動に役立ててもらいたいと環境活動家やセラピストたちによって創り出されたさまざまなプログラムが用意されています。

7月4日(土)5日(日)の2日間、東京・八王子市において『トランジション合宿』を行います。
この機会にぜひ、ご参加ください!!
(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)

とき  2015年7月4日(土)・5日(日)
    現地集合  4日(土)12:30  
    解散    5日(日)17:00
ところ 禅東院 (東京都八王子市本町17-19)

費用  24,000円 (食費3食・宿泊費・資料代含む)
     
定員 24名(催行最少人数12名)

アクセス JR中央線八王子駅から徒歩13分・京王線京王八王子駅から徒歩17分。
     車でのご来場はできるだけご遠慮願います。
(遠方からの参加者、乗り合わせで来られる方はご相談ください。)
(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)(・・)(^^)

~プログラム・ファシリテーター紹介~
吉田俊郎(よしだしゅんろう)
1960
年生まれ。NPO法人 トランジション・ジャパン/共同代表理事
外資系医療機器メーカー退社後 ‘08年にパーマカルチャーの仲間とイギリスでトランジションの研修受講後、トランジション・ジャパンを立ち上げる。2011年に自然と共に今ここを生きるために南阿蘇に移住。家作りをしながらエネルギーの自給(オフグリッド)米,野菜など食べ物の自給を目指しながら地域で仲間とトランジション・タウン南阿蘇で地域通貨カルデラ、シネマ倶楽部、自然エネルギーや世界農業遺産マルシェ、たねの保存の会などの活動と山仕事に従事。2013年 季刊誌 『九州の食卓』で 南阿蘇 自給自足 暮らしを出筆。

梶間陽一(かじまよういち)
1955
年東京生まれ。映像作家。2008年、第1回EDE(Ecovillage Design Education)に参加。
そこで全世界で進んでいるエコビレッジ活動とともに、英国で始まり世界に広がりつつあるトランジションタウン活動の事を知る。2010年3月、仲間とともに小金井市緑町に移住、トランジションタウン小金井に参加。
現在、トランジションタウン小金井代表。トランジション・ジャパン映像ワーキング・グループ。
映像や音楽やワークショップを満載したアート&エコロジー・キャラバンで、全国のTTやエコ・コミュニティを巡るのが夢。

~プログラムについて~
欧米で今までの環境活動で失敗して来た運動の原因をふまえこのプログラムはトランジションが大切にしている頭と体と心をバランス良く使うワークショップ形式で、具体的な実践に即したノウハウやスキルを深く体感するプログラムです。

・ 現代社会の抱える問題とその背景は?
・ グループの始め方、あり方、進むグループがたどるステージについて
・ ビジョンの描き方
・ コミュニティーを巻き込むためのノウハウ
・ そもそもこのような持続不可能な社会になった根本はどこから来たのか?
・ 大転換の時代を迎え新しい目での世界観を見る為のワークショップ
・ 効果的なグループの話し合いの方法
   (ワールドカフェ、オープンスペーステクノロジーを用いて)

~参加される方へ~
・ 2日間、通しで参加できるかたが対象です。
・ 日帰りでの参加もできます。
・ 保育についてはご相談ください。
・ 食事とお茶は用意しますが、おやつ等は各自お持ちください。
・ 宿泊は相部屋です。
・ 会場にはシャワーがあります。入浴を希望される方はお近くの銭湯をご紹介いたします。

~もちもの~
 筆記用具、動きやすい服装、洗面用具、寝袋、ワクワクした気持ち

~TJのHPも参考に!~
過去の参加者の感想も掲載しています。是非こちらもご参照ください。
http://transition-japan.net/wp/archives/299

2日目終了後、懇親会を行いますのでご参加ください。(参加自由、費用は各自負担)

開催概要

日時

20150704

201574日(土)

201575日(日)12

開催場所

禅東院

(東京都八王子市本町17-19)

→大きい地図を開く

参加費

24,000(税込)

定員

24(先着順)

申し込み開始

20150325 0900分から

申し込み終了

20150630 0000分まで

懇親会場所

未定(会場近辺)

懇親会定員

制限はありません

主催

タグ

イベント概要

20150704

トランジション合宿@東京八王子・74日(土)5日(日)

東京都八王子市本町17-19

お申し込みは、コクチーズから・・・

http://kokucheese.com/event/index/270980/



5、ハケのぼちぼちハウス準備会Vol.17、澤田佳子さん(TT南阿蘇)交流会報告


5月22日(日)19:00から、TT南阿蘇から澤田佳子さんをお迎えして、交流会を行いました。彼女の編集したローカルメディア3のプレゼンもしてもらい、交流を楽しみました。

『ローカルメディア3 vol.12 好評発売中! ※武蔵野から編集室で扱ってます。

http://www.localmedia3.net/ 



6、動画プロファイル「ネパール復興支援プロジェクト」


ネパールの大地震の義援金を募るためのミュージック・クリップです。

https://youtu.be/-1-Ab6ebH88


この映像は、1997年CS衛星放送で放映された「ネパールのバンスリ奏者インドラの故郷を訪ねて」から抜粋し、再編集したものです。カトマンドゥから西へ200Kmほどにあるポカラ市のサランコットの丘から眺めるヒマラヤは圧巻です。40Km先に標高差6,000mの岩壁が立ちはだかるような眺めです。ぜひご覧下さい。



7、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ


俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。

私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。

そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。

こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。


毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。


6月(水無月:みなづき)は「青田・白鷺」(あおた・しらさぎ)です。


◯「大青田 白鷺だけが 暮れ残り」 平松(けやき句会出典)


意訳:田植えの終わった青々した水田に 白鷺が舞い降りてきて えさをついばんでいる。

やがて日が暮れてきて、白鷺だけになった。(無農薬の水田はビオトープ=生き物の宝庫です)



8、シリーズ『言霊の巣』


以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年以上かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。今回は「ガイアの思想」の言霊です。



コトダマノス


ココハ愚者ノアソブトコロ


賢者モキタリテ アソブベシ




大和の国は 言霊の助くる国ぞ


磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 


= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。


万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)



『言霊の巣』テキスト−26 「未来をいかに切り拓くべきか?


もし、この世界の末来は、誰も定めておらず、何も定まっていないという意味において、まさに「開放系の未来」であるならば、では、その「開放系の未来」に向けて、我々は、現在をいかに生きていくべきなのだろうか?

その答えも、また、この世界の姿の中に、深く開示されている。

それは、アンリ・ベルクソンの言葉を借りるならば、「創造的進化」の姿である。

すなわち、無から物質が生まれ、物質から生命が生まれ、生命から精神が生まれてきた、この世界の壮大な進化の姿は、その未来が開放系であり、その未来の姿は誰も定めておらず、何も定まっていないという一点において、まさに「創造的進化」なのである。

そして、我々が、もし、その「創造的進化」を遂げ続ける世界の姿から虚心に学ぶならば、我々もまた、この世界の創造的進化に主体的に参加しなければならない。

なぜならば、我々もまた、分かちがたく、この世界の一部だからである。

そして、そのことの大切な意味を理解するとき、我々の中に、覚悟とも、問いとも言える思いが生まれてくる。


我々は、この地球と、人間と、社会の未来を、いかに創造的に切り拓いていくべきか?

ガイアの思想が、我々に問い続けるものは、この覚悟でありこの問いに他ならない。


ガイアの思想/田坂広志、J・E・ラブロック、龍村仁、他/生産性出版


○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○

9、編集後記

クラウド・ファンディングに初挑戦した。結果は、目標に届かずに終わってしまった。

しかしクラウド・ファンディング自体には大いに可能性を感じた1ヶ月だった。

加入しているメーリング・リスト全てに加えて、過去の名刺交換した人たちへもかなりの数のメールを出した。久しぶりにメールで交換できた人もいて、このファンディングのお陰で、コミュニケーションが復活したりもした。ファンディングしてくれた方々のほとんどは暖かい応援のメッセージも添えてくれていて、それを見るだけでもかなり励まされた。

いずれにせよ、社会性のあるプロジェクトが経済的に乗りこえられない壁をこのシステムは、軽々と(今回は失敗だが)乗りこえられる可能性がある。新たな希望を体感した1ヶ月であった。

応援していただいた方々に心から感謝します。



以上、長文お読みいただきありがとうございます。


映像&編集責任者 梶間 陽一


映像作家

未来TV

ResisTV


トランジションタウン小金井 代表

http://ttkoganei.exblog.jp/

http://www.tt-koganei.com


NPO法人トランジション・ジャパン副代表理事

http://www.transition-japan.net/

http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html



[PR]
by ttkoganei | 2015-07-03 07:05 | TTNews
<< TTK News 7月号 TTK News 5月号 >>