TTK News 2016新年号

★新年 明けまして おめでとう ございます★

★A Happy New Year ★A Happy Transition Now & Here ! ★

★本年も 宜しくお願いいたします。★

○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 1月号
トランジションタウン小金井・ニュース(2016.1.1)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○
TTKニュース
0、お正月特別企画 お年玉プレゼント
1、新しいトランジションタウンの仲間たち
2、新春トランジション合宿
3、つながりの杜 En 報告
4、ハケのぼちぼちハウス 報告
5、NPO法人こがねい市民発電 ごあいさつ
6、新年初TT Bar
7、動画プロファイル
8、何気に「俳句」登場
9、シリーズ『言霊の巣』
10、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

0、お正月特別企画 お年玉プレゼント あわのうた

“あわのうた”の誕生
 天神6代目のオモタル(男神)とカシコネ(女神)の時に、両神(ふたかみ)は全国を巡って農業開発に努力しました。民の糧も豊かに、政事も行き届いた平和な国です。
 残念ながら世嗣子に恵まれず、死後国は再び乱れ無秩序な状態になっていました。
 そんな時、高天原(たかまがはら)から指名を受けた、タカヒト君(きみ)とイサコ姫はツクバのイサ宮で愛でたく結婚され、イサナギとイサナミとして即位し7代目の皇位を継承します。
 両神は先ず、葦原中国(アシハラナカクニ・滋賀)で、天神から引き継いだ矛(ほこ)をシンボルに生産力の落ちた農業を復活させます。同時に、国民の言葉が大層なまってお互い通じなくなったのを心配し正そうとされます。
 男神・女神は声を合わせ、カダガキ(楽器)をかき鳴らしながら、上 二十四音をイサナギが歌い、下 二十四音をイサナミが歌って音声の標準化を図り、農業普及と共に国の再建をしていきました。
ほつまつたえ より
あわのうた  うた ゆにわ (五分) ※美しいうたです。お正月にぜひお聞きください。
https://www.youtube.com/watch?v=d8szxcv1QNM


1、新しいトランジションタウンの仲間たち、ぞくぞく誕生!!!
TT同志も楽しくつながって、協力し合い、盛り上がって行きましょう!

◯祝!「トランジションタウン岐阜」誕生!
TT岐阜   2015年9月、立ち上げました!
 家族がジワジワ増えて楽しんでます。今後ともよろしくお願い致します〜!
URL  なし
ho.goodlife.shoji@gmail.com(庄司さん宛)

◯祝!「トランジションタウン笠原」誕生!
あけましておめでとうございます。
この度、TT笠原を立ち上げました、安藤と申します♪
まだまだ非力ですが、周りの仲間との繋がりを信じて進んで行きたいと思いますー♪

◯祝!「トランジションタウン静岡」誕生!
全國のTransition network の皆さん、初めましてTT靜岡を立ち上げました。
靜岡で自然農の指導をして広める活動をしている仲間が、浜松の兄妹達に助けられながら、畑も庭も街もデザインしちゃおうと集まりました。
どうぞ宜しくお願いしますね。田中健(shanti ken)

◯祝!「トランジションタウン栃の木」誕生!
2015年12月25日の満月の夜に誕生しました、トランジションタウン栃の木
~Transition Town Tochinoki(TTT)~です。
私たちも、栃木県内外で持続可能な循環型の暮らし創りに取り組む人々と繋がりながら、楽しく学び合える暮らしを創造していきます。よろしくお願いします。
世話人 高木尚子 nao.luciolacruciata@gmail.com
◆トランジションタウン栃の木のURL:http://tochi-no-ki.org
Facebook
https://www.facebook.com/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%♬E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3-%E6%A0%83%E3%81%AE%E6%9C%A8-911208538965610/


2、新春トランジション合宿
1月23日(土)、24日(日)に藤野で久しぶりにトランジション合宿が行われます。
このプログラムは、私はもちろん受けていますが、大変素晴らしいワークショップで、新たな感動とともに、深い感銘を受けるプログラムとなっています。
内容の一端をご紹介すると、◯トランジション後の未来像 ◯未来の存在と出会うワーク 
◯ビジョンを描く ◯コミュニティを巻き込む ◯TT活動のいろは など、
多彩で幅広く、実践的なワークが満載された充実した楽しいプログラムです。
これを受ければTT活動を力強く実践出来ます。お食事もおいしいマクロビオティック!
どうか参加をご検討ください。

+**+**+**+**+**+**+**+**+
トランジションタウンのことを、もっと知りたい!
    新春トランジション合宿@藤野
    1月23日(土)24日(日)
+**+**+**+**+**+**+**+**+
トランジション合宿(TT合宿)とは、現在みなさんが行っているさまざまな活動をより活発にしていく方法や、市民活動が陥ってしまいがちな問題をクリアする方法、創造的なチームビルディングの作りかたや、運営に関わる人やグループ内での心のケアなど、活動を進めていく上での疑問などに応えるワークショップ形式のプログラムを1泊2日で行うものです。 
活動を続ける中で出てくる問題等は、実は多くの方々も感じている普遍的な問題だったりします。 
具体的に実践に即したノウハウやスキルを深く学び、皆さまのこれからの活動に役立ててもらいたいと環境活動家やセラピストたちによって創り出されたさまざまなプログラムが用意されています。 

2016年1月23日(土)&24日(日)の2日間、神奈川県の藤野において『トランジション合宿』を行います。 この機会にぜひ、ご参加ください!!
詳細は以下コクチーズで、お申し込みもできます。
http://kokucheese.com/event/index/346215/


3、つながりの杜 En 12月活動報告
12月27日、お餅つき大会&芋煮会を行いました。
快晴にも恵まれ、大人36名、子ども16名、合計52名、ご参加いただきました。
最高に楽しく美味しく嬉しい時間を過ごさせていただきました。
当日の様子はこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1669375243346596/

杜En 2015年の全日程を無事に楽しく終了できました。
この活動を通して、人(地域)とのつながり、自然とのつながり、様々な『つながり』を深める機会となりました。持続可能な社会実現に向かう活動になっていると考えます。
昨年一年間、本当にありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

つながりの杜En (新年度参加者募集中!)
https://www.facebook.com/tsunagarinomorien/


4、ハケのぼちぼちハウス 12月活動報告
『手わざレッスン in ハケのぼちぼちハウス』
《藁と水引でお正月飾り》(学芸大内杜En田んぼの今年のワラを使いました。)
お正月は、作物を実らせ、家に幸せをもたらしてくれる“歳神様”が、年に1度高い山から降りてきて、各家にやってくるから、めでたさを祝います。神さまを迎える「清められた場所」の目印が正月飾りです。各地でいろいろなスタイルがあります。昔から、家族の健康と豊作を願って工夫を凝らしたワラ細工ですが、今年は麦ワラと水引を使って正月用にアレンジしました。大好評で6名が参加。2015年をおだやかに送り、来る2016年を期待できました。
●野口さんのコメント
実はこういうことができるのって、めずらしい。日本はワラは中国等から輸入しているんですって。
藁加工には稲文化の伝統が受け継がれているので、買うしめ飾りではなくつくる(祈る)しめ飾りを!


5、NPO法人こがねい市民発電(愛称:こがでん)ごあいさつ

明けまして おめでとうございます。
新春から、また明日発電所の寄付集めを本格的に開始いたします。長い準備期間でした。
皆さんのご協力をよろしくお願いします。

●「また明日発電所」プロジェクト概要
小金井市貫井南町でNPO法人「地域の寄り合い所 また明日」が運営する高齢者デイサービス・保育園・寄り合い所施設の屋根に、発電容量7.84キロワットの太陽光発電システムをこがねい市民発電が設置します。太陽光パネルは、小金井発祥の(株)オルテナジーさんに寄贈いただきます。
自然エネルギーの普及、ならびに社会福祉施設の災害時のエネルギー確保を目的として、発災時に、蓄電池により非常用の電気を数日間まかなえるシステムを構築します。また市民のみなさんの携帯やスマホの充電ステーションとしてもお役に立ちます。蓄電池システムは、藤野電力さんのご尽力で実現しそうです。市民の共用スペースでこのような発電+蓄電システムはまだ例がないとのことです。
(初の発電+蓄電システム設置)
このプロジェクトを立ち上げ、実現することで、安心、安全、で助け合って暮らす、むかしの様な家族的な町づくりをしたいと考えています。そのためのスタート第一弾企画です。
みなさまのご理解とご協力を切にお願い申し上げます。2016年元旦。 こがでん一同

NPO法人 地域の寄り合い所 また明日
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mata-asita/
オルテナジー
http://www.altenergy.co.jp/
藤野電力
http://fujinodenryoku.jimdo.com/藤野電力とは/
こがでん(問合せ:kogaden2013@gmail.com)
https://www.facebook.com/kogaden/info?tab=page_info


6、TT Bar
新年のTT Barは、1月7日(木)、午後7:00から新小金井WESTで行います。
内容は、新春無限夢トーク、新年の抱負、今年の活動案、各ワーキング・グループからの報告と提案、などで他にあれば提案をしてください。見学、初参加も大歓迎です。
コミュニティ・カフェWEST
http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm


7、動画プロファイル「いのちの種を未来に」講演ダイジェスト動画
野口勲氏講演会〈野口種苗研究所代表〉(撮影2014年1月)
かつて日本の農家は、各地の風土に合った多種多様な種を自家採取した「固定種」が野菜作りの中心でした。しかし最近は、「F1種」が野菜作りの主流になってきたために種取りがされなくなり「固定種」が途絶えてしまうような状況になっています。
このことは私たちの暮らしや生活にどのような影響をもたらしていくことなのかを考えます。

※F1種:F1種とは雑種強勢を用いた種のことで、一世代目は性質も形質もビシっと揃って農協好みの野菜を簡単に作れますが、二世代目以降は遺伝の形質がバラバラになるので農家が種をとっても全ての子が親と同じになることはない。だから農家は毎年、種を買わざるをえない。(雄性不捻=奇形の種)

●「いのちの種を未来に」講演ダイジェスト動画(制作:TTK 約48分)
http://youtu.be/lYf29p2HvS0

〈野口種苗研究所URL〉
http://noguchiseed.com/


8、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ

俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。
私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。
そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。
こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。

毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。

1月(睦月)は「初日の出」(はつひので)です。

◯「荒磯や モネの目で撮る 初日の出」 江本(けやき句会出典)

意訳:荒い磯の海岸に 初日の出が昇る。 思わずモネの目になってシャッターを切ってみる。

参考動画:http://youtu.be/dovjJtfoJzI


9、シリーズ『言霊の巣』

以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年以上かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。今回は、お正月に因んで古神道の言霊です。


コトダマノス

ココハ愚者ノアソブトコロ

賢者モキタリテ アソブベシ



大和の国は 言霊の助くる国ぞ

磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 

= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。

万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)


『言霊の巣』テキスト−33 「〈結び〉は宗教の根源」

〈結び〉とは、いちいち説明するまでもなく、二つ以上の〈もの〉と〈もの〉をくくりつけることである。すなわち、関係づけることである。いうなれば、もとは一つだったものを、再び、結合させることである。もちろん、この〈結び〉も、産霊(ウブスナ)の神の、くしびなる力がなければ発生しないが、結ばれることによって生じてくる力は絶大だ。
すなわち、タカミムスビとカミムスビの二つの力を合わせたくらいのパワーをもつ。
ところで、〈結びの神〉というのがある。すなわち、男女の縁を結ぶ、いわゆる〈えんむすびの神〉である。この〈えんむすびの神〉に象徴されるように、〈結び〉という語も、神道の霊性を、じつに端的にあらわしている。というよりも、〈結び〉こそ、あらゆる宗教の前提・基本なのだ。
すなわち、よく指摘されるように、宗教(英語では religion)の語源は、ラテン語の religio だが、それは「再び結合する」という意味の religare に由来する。何を「再び結合する」のか、といえば、ヨーロッパのキリスト教神学の伝統的理解によれば、神と人である。すなわち、キリスト教では、人は神が創造したものだから、「再び結合」させないと、人は神から離れてしまうという宿命を背負っているからである。
これにたいし、わが神道のばあい、神も人も自然も「生まれてきた」ものだから、最初から〈結ばれた関係〉にあったのである。すなわち、ヒト(人)は霊止、あるいは霊交なのである。
もちろん、そうはいっても、神道には八百万の神々がいるから、同じ宇宙という母体から誕生してきたとはいえ、一神教のような統一観念はない。そこへ、仏教思想やキリスト教の思想なぞが入り込んできたものだから、どうしても神と神、神と人、人と人、人と自然、神と自然とが、やはりバラバラになってきてしまった。だが、神道には、ほんらい、〈陰と陽〉、〈男と女〉に象徴される、すなわち、ありとあらゆる相反するものを、注連縄(しめなわ)のごとく固く結び合わせる〈結び〉の力の契機が、備わっているのである。
その意味で、日本の神道は、宗派(セクト)の教えである「宗教」間の対立とは、もともと無縁であり、その存在じたいが「超宗派」的なのである。つまり、神道が、否、古神道が世界に出ていかなければならないのは、この〈結び〉の霊性からきているのである。

言霊(コトダマ)の宇宙(アマ)へ 菅田正昭 / タチバナ教養文庫

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○
10、編集後記
昨年を振返ると、自分達の足跡が刻まれていた。風雪の中をよろよろとよろめきながら、でも楽しんで歩いた跡だ。そのときはそうして歩いたという道しるべの様な過去の一例である。別にまねをしていただかなくても、ころばぬ先の杖として参考にしていただければ幸いである。さて新年はどんな足音をたててどこに向かって、誰と歩いてゆくのだろうか。わくわく感満載の新年を迎えた還暦の正月。祝!謹賀新年。

以上、長文お読みいただきありがとうございます。

映像&編集責任者 梶間 陽一

映像作家
未来TV
ResisTV

トランジションタウン小金井 代表
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン副代表理事
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

NPO法人こがねい市民発電(こがでん)副代表理事
https://www.facebook.com/kogaden/info?tab=page_info

Enowa Project(笑の輪)
http://enowa2014.wix.com/college

トランジションタウン小金井(TTK)
~みんなで 地域力の発展へ~
~地域自給率100%の社会へ~
~石油・原発依存から自然エネルギーへ~
[PR]
by ttkoganei | 2016-01-17 11:29 | TTNews
<< TTK News 2月号 新小金井市長へのパブリック・コメント >>