TTK News 2月号

TTKつながりのみなさま
寒中お見舞い申し上げます。
寒くて、厳しいニュースの嵐の中、心だけは熱さを保ちたいですね。

○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 2月号
トランジションタウン小金井・ニュース(2016.2.1)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○
TTKニュース
1、新春トランジション合宿、報告
2、NPO法人こがねい市民発電
3、挑戦!トランジション・ファンディング
4、動画プロファイル
5、TPP問題を考える
6、2月TT Bar
7、何気に「俳句」登場
8、シリーズ『言霊の巣』
9、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

1、新春トランジション合宿、報告

1月23日(土)、24日(日)に藤野でトランジション合宿が行われ18名が参加しました。
藤野にある「無形の家」という古民家に、全国から熱い想いのTT仲間が集い、アットホームな雰囲気の中、2日間に渡る充実したプログラムを学び・語らいました。夜は薪ストーブや囲炉裏を囲んで、親交を深めました。遠くは山形県や岐阜県からも参加者がいて、それぞれの想いを熱〜く語ってくれました。新しいトランジションの同志たちに心からエールを贈ります。
参加者の感想「本当に「え? 昨日初めて会ったんだっけ?」って思うほど、居心地の良い空間でした。
これだけ一気に仲間が増えて、本当にワクワクしますね〜♪( ´θ`)ノ」(Tさん)
「2日間ありがとうございました〜♫ また、日本全国どこかでお会いできるのを楽しみにしています〜!
モバイルハウス作りたくなったら、お気軽に声かけてくださいね〜^_^;♫」(Nさん)
「初対面の人がほとんどでしたが、こんなに急速に仲良くなれるなんて。藤野駅でも、涙腺が壊れていました。幸せをたくさん。ありがとう。」(Tさん)
参加者はこの絆を大切にして、Facebook上でつながりをキープして、こらからの活動に臨みます。
みなさん、お疲れさま&お楽しみさまでした。楽しくつながって、地元でがんばりましょう!


2、NPO法人こがねい市民発電
こがでんでは、2/21(日)午前11時から、また明日発電所説明会を地域の寄り合い所「また明日」(小金井市貫井南町4-14-14)にて開催します。
●「また明日発電所」プロジェクト概要
小金井市貫井南町でNPO法人「地域の寄り合い所 また明日」が運営する高齢者デイサービス・保育園・寄り合い所施設の屋根に、発電容量7キロワットの太陽光発電システムをこがねい市民発電が設置します。太陽光パネルは、小金井発祥の(株)オルテナジーさんに寄贈いただきます。
自然エネルギーの普及、ならびに社会福祉施設の災害時のエネルギー確保を目的として、発災時に、蓄電池により非常用の電気を数日間まかなえるシステムを構築します。また市民のみなさんの携帯やスマホの充電ステーションとしてもお役に立ちます。蓄電池システムは、藤野電力さんのご尽力で実現しそうです。市民の共用スペースでこのような発電+蓄電システムはまだ例がないとのことです。
(初の発電+蓄電システム設置)

広く市民の一口三千円からの寄付により二百万円を集め、これから作るソーラー発電所計画の概要を説明し、参加者のご意見をうかがって、自然エネルギー、地域防災、福祉へ関心を持つ方々の交流の場とします。皆さんのご参加、告知ご協力お待ちしています。こがでん一同
https://m.facebook.com/kogaden/


3、挑戦!トランジション・ファンディング

楽しくつながるみなさん
梶間(か〜ま)@TT小金井/TJ映像ワーキング・グループです。みなさんにお願いがあります。
ヒデさんの主催する第2回「よく生きるツアー」に参加して、フィンドホーンとトットネスを取材して、映画化する資金に協力してください。ツアー詳細は以下です。
http://kokucheese.com/event/index/352767/

現在、編集ソフトが使用不能になっているので、撮影用カメラがあるのみです。
ツアー参加費と日給仕事を休んで行くための補填費、予備バッテリー、編集用の
マックと編集ソフトの購入費をトランジション・ネットワークの中で集めたいと考えています。

昨年、クラウド・ファンディングで挑戦しましたが、結果は届かず断念しました。
今回は、クラウド・ファンディングの仕組みをまねて、トランジションの仲間の中でこれを達成しようと考えました。その理由は、この仕組みがうまく機能すればトランジション活動がより活性化し、広がってゆくと考えるからです。
今までトランジション・ジャパン映像ワーキング・グループとして、
「In Transition2.0」の取材・日本語字幕入れ http://youtu.be/dbec9BaGw9M
「日本のトランジションタウン事例集2012」 http://youtu.be/uhWk892BD4I
「トランジション夏フェス2012@南阿蘇」  http://youtu.be/3d3nNgGl9Yk
「ひかり祭り2012@藤野電力」       http://youtu.be/yMPlyJgVSY4
「トランジション夏まつり@遠州TT」     http://youtu.be/7BLCvHz3q1o
「トランジション夏まつり2014 in 信州上田」 http://youtu.be/5Du80ChazqY
「トランジシション・サポーターズ」     http://www.youtube.com/watch?v=RlbtE0VKWtE
「トランジション・ピープル」        http://www.youtube.com/watch?v=-c80nJSALI0
「トランジションタウンの仲間たち」     http://youtu.be/y_53G7MMrms
「デジタル・デトックス・ツアー」(TT鎌倉)http://youtu.be/hXm5agqcqPQ
(抜粋)などの映像作品制作とYouTubeへのアップロードをやってきました。

昨年、還暦を迎えて、残りの人生で何をなすべきかを考えて、やはりやり残していることとしては、海外のエコビレッジやトランジションの最前線トットネスの今を取材し、伝えることなどを優先してやっていきたいと考えています。なぜなら「大転換」(ジョアンナさんの言葉)の時代を生きる我々がやるべき使命のひとつだからです。トランジション活動はローカルで地道な活動なので、やはり映像化して、見える化することが大切です。同様にトランジションした後の世界を視覚化することも大変重要です。なぜならトランジション活動の向こうにあるものは、なかなか伝えるのが難しいからです。しかし世界にはトランジションした後の社会を体現しているコミュニティがあります。これを取材して視覚化するのが意識変革には、一番効果的と考えています。この試みは、トランジション・ジャパンを構成している各地のTTのコアメンバーにも承認を得て行うものです。どうかみなさんのご理解とご協力が得られる事を願っています。
NPO法人トランジション・ジャパン一同

榎本ヒデさんから応援メッセージをいただきました。
「か~まさんはご自身でもトランジションタウン小金井の代表やトランジション・ジャパンの理事として活動される傍ら、つねに持続可能な未来を創るためのシンプルでパワフルな映像をつくり、世の中に提供してこられた方です。ぜひ今回のツアーにも同行いただいて素敵で刺激的な映像を創っていただけたらと思っていますので、ぜひご協力ください!」榎本英剛


トランジション・ファンディング第一弾
先進の未来社会へのタイムトラベル〜映画『エコビレッジとトランジションタウンへの旅』
エコビレッジは、資源循環型のコミュニティで、地域の中に農業やエネルギー自給の仕組みを持ち、仕事も地域内で行い、地域通貨などによって、地域住民が助け合い、協力し合って暮らす自立性と幸福度の高い町です。
世界中に約15,000以上あるといわれていて、その中の代表的なエコビレッジが50年以上の歴史を持つ英国フィンドホーンです。このエコビレッジを訪れて、日常のライフスタイルを取材し、未来社会のイメージを映画にします。

また今ある普通の町を、ゆっくりとエコビレッジ化してゆく運動、トランジションタウンの発祥地トットネスも取材して、その取り組みを紹介します。この二つの取り組みを紹介することで、未来社会の一つのモデルとそこに至る道筋が感じとれるようにします。

詳しくは昨年作成したクラウド・ファンディングのホームページをご覧下さい。イメージ動画や制作者のプロフィールも掲載されています。
先進の未来社会へのタイムトラベル〜映画『エコビレッジとトランジションタウンへの旅』ハ


1、制作期間 2016年4月22日〜5月6日 取材(フィンドホーン〜トットネス)
       5月7日〜8月 編集 完成8月中。出来ればTT夏フェスで発表したい、と考えています。
       9月、DVD制作期間を経て、DVDをファンド出資者へTJから送付。

2、ファンド募集期間 2016年1月15日〜5月10日

3、制作費 「よく生きるツアー2016@イギリス」ツアー代金39万円
    (税込。ツアー中のプログラム費用、交通費、宿泊費、食費を含む)
    渡航費(日本〜イギリス往復)直行便192730円(H.I.S.)約20万円
    2週間の私の労働対価(日給の仕事を休む&映像作家としての最低報酬)
    一日1万円×14日間=14万円
    合計39万円+20万円+14万円=73万円(制作実費)(編集に関わる費用は含まず)

  制作機材費 長期取材用に撮影用カメラの予備バッテリーを購入します。約2万円

  編集機材費 編集用のパソコンとソフトを購入します。既存のシステムは現在使えない状態です。
  約20万円(TJ映像ワーキング・グループの再起を応援してください!)

  その他の制作費 詳細は未定ですが、通常は音楽制作費、ナレーター費、CG(必要な場合)等がかかります。

  DVD制作費 DVD製作費用。この部分はトランジション・ジャパンが負担する予定です。


4、トランジション・ファンディング
ファンドの資金集めはTJ映像ワーキンググループとして私が行い、資金到達額をフェイスブックで毎週、更新します。

●TTファンド第一目標額73万円(一口3000円/複数も可能です)これでとりあえず取材は可能です。
◯TTファンド第一目標額締め切り:3月5日(ツアー申込締め切りが3/11のため)

目標額をさらに超えた場合 +α 2万円が出た場合 撮影用カメラの予備バッテリーなどに投資します。
    ◯バッテリー Canon http://cweb.canon.jp/ivis/lineup/hfr62/spec.html#batteryusestandard

●ファンド第二目標額75万円(総合計額)(一口3000円)
◯TTファンド第二締め切り:4月20日(渡航が4月22日)

さらに目標額を超えた場合 +α 20万円の場合 編集機材・ソフト購入にあてます。
これで編集が可能になります。
    ◯機材提案 iMac http://www.apple.com/jp/mac/compare/?desktops
      ◯編集ソフト提案 「Final Cut Pro」https://itunes.apple.com/jp/app/final-cut-pro/id424389933?mt=12
     ◯外付けハードディスク http://www.apple.com/jp/shop/product/HGCR2/lacie-1tb-rugged-thunderboltusb30-hard-drive?fnode=4c

●TTファンド第三目標額95万円(総合計額)(一口3000円)
◯TTファンド第三締め切り:5月10日(制作開始:編集等の開始時期)

目標額をさらに超えた場合は、編集機材をバージョンアップして、iMacではなく持ち運びの出来るMac Book Proの購入に充てます。+α 30万円
http://www.apple.com/jp/mac/compare/results/?product1=imac-21&product2=macbook-pro-retina-15
持ち運びの出来る編集機材で、各地のTTへ出向き、出張・映像編集ワークショップを行います。

●TTファンド第四目標額105万円(総合計額)(一口3000円)
◯TTファンド第四締め切り:5月10日(制作開始:編集等の開始時期)

目標額をさらに超えた場合は、編集制作費(音楽、ナレーター、CG等外注費)に使い、さらに残った場合は、第二弾の制作費にします。

尚、上記新規購入機材は、トランジション・ジャパンの備品として購入します。いつか良い常設場所が見つかったら、そこに常設して、TTメンバー誰もが使えるようにしたいと考えています。今まで制作した作品も含めてTJへの引き継ぎも考えています。
例えば自然エネルギーだけで稼働するソーラー・スタジオを作りたいと考えています。

5、出資者のメリット
メリット1、出資者のお名前を作品のエンドロールに掲載します。TT名も併記します。
メリット2、作品試写会にご招待します。
メリット3、一口3000円のご出資につきDVD1枚を差し上げます。複数口の場合、販売も可能です。
メリット4、差し上げるDVDは、上映権付きですので、有料の上映会が開催出来ます。
      有料の場合、上映収入の半分(50%)はTJにご寄付いただきます。上映料は任意です。
メリット5、上映会への参加(制作者、またはツアー参加者)に協力します。(実費経費は別途)

●第一目標金額の73万円に届かなかった場合について
トランジション活動を応援してくださっている方々のせっかくの貴重な資金なので、今回の海外取材は出来ませんが、さきに第二、第三目標の機材投資に廻させていただき、残りの資金は企画二弾の「日本のTT事例集2016」の制作をスタートさせたいと考えています。
取材候補は、1、TT大阪トランジション・ハウス/炭コンロ 2、TT浜松フードドライヤー/フォレスト・ガーデン 3、TT上田みんなの家 4、TT南阿蘇たねまきハウス 5、TT横浜ウェル洋光台 6、TT都留・馬耕 7、TT藤野、“大和屋”、TT鈴鹿、などで、これはアイデアをもっとみなさんから募り、適切な時期に適切なところを取材したいと考えています。

6、著作権について
作品の著作権は作者に帰属しますが、TJは著作隣接権を持ち、上映、販売、レンタルなどの権利を持ちます。それぞれの利益の分配(ロイヤリティ)は50%(TJ50%/作者50%)とします。
作品が完成後、TJはDVDを作成して、ファンドの出資者に送付します。(2016年9月予定)


7、トランジション・ファンディングについて
これは一つのTT的社会実験です。このTTファンドが機能すると以下の目的が達成出来ると考えています。

目的:日本に於けるトランジション活動の普及・啓蒙・実践に関わる活動の資金援助、スキル援助。

キャッチ:TTみんなで・共有したい・つくりたい・こと・もの・人・助けたい

ジャンル:TTに関わる映像、音楽、芸術、美術、文学、パフォーマンス、その他あらゆる表現活動、
持続可能な社会運動にまつわる全ての表現活動、発表活動、場づくり、仕組みづくり、NPO、NGO活動支援。農業支援。自然エネルギー支援。コミュニティ・カフェ。

存在価値:日本のトランジションのリエコノミー・システム

8、今後の計画

第二弾 日本のTT事例集2016(例:日本のTT事例集2012ダイジェストhttp://youtu.be/uhWk892BD4I)

9、その他の構想(今の所妄想ですが)

◯自然エネルギーだけで稼働するソーラー・スタジオ(撮影・編集・録音)設置。

◯トランジション・キャラバン:ソーラー・バッテリー仕様のエコカーで巡る全国アート&エコロジー・キャラバン

◯トランジション活動やサステナブル文明の夜明けを応援するTV局“未来TV”設立(ドメイン取得済み)
イメージ動画(必見!上がります:笑)https://www.youtube.com/watch?v=1KE0V9-UNnk

10、出資金受付口座

トランジション・ジャパン映像ワーキンググループ
梶間 陽一(個人口座です)
スルガ銀行 ミッドタウン支店(店番号157)
普通口座 2316283

ご出資いただいた方には連絡をとらせていただきますので、irukarma@gmail.com宛、ご通知ください。
またご質問・お問合せのお電話は、090-6927-1903(梶間)までお願いします。

トランジション・ネットワークのみなさんのご理解とご協力を切にお願いします。

Facebook トランジション・ファンディング・ページ
https://www.facebook.com/events/952325811525083/


4、動画プロファイル
2009年、英国エコビレッジ「フィンドホーン」の教育ディレクター(当時)、メイ・イーストさんからの素晴らしいメッセージ。彼女はEDE1期のファシリテーターとして来日の予定であったが、ご家族のことで急遽、来日出来なくなり、その時にこのメッセージを送ってくださった。私はEDE(Ecovillage Design Education)1期生で、このメッセージを受け止めて、EDE仲間とともに動画ファイルにしました。

メイ・イーストさん・メッセージ(日本語吹き替え版:約7分)
http://youtu.be/SJsAyA_0mR8


5、TPP問題を考える小金井実行委員会(仮称)への参加のお願い
 
 TPP〔環太平洋経済連携協定〕は昨年10月、日米など関係12か国で大筋合意され、2月4日には、ニュージーランドで調印式が行われます。
 TPPは農業、食料にとどまらず、医療、保険、公共事業、雇用環境など国民生活の広い分野に関わっており、国民生活に大きな影響が出る条約です。にもかかわらず、5年に及ぶ、交渉は、その内容が全く秘密にされており、国民はもとより、国会議員にも正しい内容は知らされないままにきました。しかも、合意されたTPP協定文の日本語訳を政府が発表したのが、今年1月7日でした。
 調印が終われば、政府は今国会にTPP批准のための法律の改正や立法の法案を提出し、国会で重要課題として審議されます。また、今夏の参議院選挙でも大きな争点の一つになるともいわれています。
 市民生活に大きな影響を与えるTPPの合意内容とはどういうものか、その問題点は何かなど、を多くの市民に知っていただき、それぞれが今後の活動に活かしていくために、講演会などを企画する「TPP問題を考える小金井実行委員会(仮称)」を立ち上げたいと思います。
 下記の日時で会議を持ちますので、ぜひ、ご参加をお願いします。
 
◯日時:2月11日(木・祝)19時より、公民館本館学習室A(小金井市中町4-15-14)

参考サイト
●緊急集会~TPP協定文リリースを受けて~取材記録、動画もあり。
http://www.blog-headline.jp/agriability/2015/11/tpp_2.html

●TPP関連情報サイト
http://project99.jp/?page_id=75

●ヘレナ・ノーバーグ=ホッジが語る「TPPと日本のみなさんへ」(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=ncpacgBz6Hc

●TPP協定文の分析レポート(PARCアジア太平洋資料センター)※ダウンロード可
http://www.parc-jp.org/teigen/2016/tpptext201601.html


6、TT Bar 2月
2月のTT Barは、2月4日(木)、午後7:00から新小金井WESTで行います。
内容は、各ワーキング・グループからの報告と提案、今年の活動案などで他にあれば提案をしてください。見学、初参加も大歓迎です。
コミュニティ・カフェWEST
http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm


7、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ
俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。
私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。
そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。
こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。

毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。

2月(如月)は「鬼やらい」(おにやらい)です。

◯「ひと声の あとは静まる 鬼やらい」 岩村(けやき句会出典)

意訳:節分の夜 隣家から鬼を払うひと声が聞こえ その後はしんと静まり返った。 


8、シリーズ『言霊の巣』

以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年以上かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。今回は、アクティブ・ホープからの言霊です。


コトダマノス

ココハ愚者ノアソブトコロ

賢者モキタリテ アソブベシ



大和の国は 言霊の助くる国ぞ

磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 

= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。

万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)


『言霊の巣』テキスト−34 「アクティブ・ホープ」

アクティブ・ホープとは、夢物語ではない。
アクティブ・ホープとは、白馬に乗った正義の味方や、
どこかの救世主が助けてくれるのを待つことではない。
アクティブ・ホープとは、生命の美しさに目覚め、そのために行動することだ。
私たちはこの世界の一部である。生命の織物が、今、私たちを呼び覚まそうとしている。
私たちは大いに成長した。今こそ その役目を果たすときだ。
アクティブ・ホープは私たちに気づかせてくれる。
行く手には冒険が待ち受け、見出すべき強さや手を取り合う仲間があることを。
アクティブ・ホープとは、いつでも身を投じる用意がある、ということであり、
自分や他者の中に潜む強さを、希望を抱く理由を、
そして愛する機会を見つける準備が整っている、ということだ。
私たちの心の大きさや強さを、鋭い知性を、確固とした目的を、自らに備わる権威を、
生命に対する愛を、生き生きとした好奇心を、
忍耐強さと勤勉さが疑いようもなくあふれる深い泉を、鋭敏な感覚を、
そして先頭に立つ力を、見つける覚悟ができている、ということだ。
これらはすべて、肘掛け椅子に座って、安全なところにいたのでは見つけることはできないものだ。

アクティブ・ホープより ジョアンナ・メイシー+クリス・ジョンストン著 春秋社

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○
9、編集後記
トランジション合宿に手伝いで参加した。山形、岐阜、兵庫、千葉、などから18名の老若男女が
集まった。ワークでトランジション後の世界から来た人々に、今の活動への想いを語る場面では、
多くの参加者が感極まって、涙ながらに熱くほとばしる情熱を伝えていて、思わずもらい泣きした。
こうしてこの「トランジションの時代」の時代精神が語り継がれ、次世代に継承されてゆくのだ。
一人一人がそれぞれの役割を担って、独自の道を辿りながら、未来へ旅たった。祝!TTの冒険!


以上、長文お読みいただきありがとうございます。

映像&編集責任者 梶間 陽一

映像作家
未来TV
ResisTV

トランジションタウン小金井 代表
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン副代表理事/映像ワーキング・グループ
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

NPO法人こがねい市民発電(こがでん)副代表理事
https://www.facebook.com/kogaden/info?tab=page_info

Enowa Project(笑の輪)
http://enowa2014.wix.com/college

トランジションタウン小金井(TTK)
~みんなで 地域力の発展へ~
~地域自給率100%の社会へ~
~石油・原発依存から自然エネルギーへ~
[PR]
by ttkoganei | 2016-02-21 21:55 | TTNews
<< TTK News 3月号 TTK News 2016新年号 >>