TTK News 4月号

TTKつながりのみなさま
桜の花が満開となって、春本番を迎えました。
なにか新しい変化を期待出来そうな春ですね。
○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 4月号
トランジションタウン小金井・ニュース(2016.4.1)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○
TTKニュース
1、トランジション・ジャパン・ミーティング報告&TT大拡散月間
2、挑戦!トランジション・ファンディング経過報告
3、こがでん主催講演会「かしこい電気の選び方・つくり方」報告
4、つながりの杜 En 報告
5、TPPで私たちの食とくらしはどう変わる?
6、動画プロファイル
7、4月TT Bar
8、何気に「俳句」登場
9、シリーズ『言霊の巣』
10、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

1、トランジション・ジャパン・ミーティング報告&TT大拡散月間の呼びかけ

3月4日、5日とトランジション・ジャパンの理事10名がTT浜松に集結して、TJミーティングを行いました。TT浜松の全面的な協力によって、素晴らしい環境とホスピタリティの中、日本のTTが元気になって、発展するようにみんなで智慧をしぼって、アイデアを出し合いました。
また初の試みとして、英国のTTネットワークのメンバーと映像付きスカイプでMTGをしました。
日本のトランジションにとても興味を持ってくれていて、いろいろ質問も受けました。
世界とつながっている実感が持てる貴重な経験でした。

このミーティングで出たアイデアで、6月に全国でトランジションタウンの強化月間として、プレゼンテーションとトランジションタウン立ち上げを促すための動きをしていこう、という話が出ました。
そこで、6月は日本全国でトランジションを知ってもらい、実際に地域でトランジションのスタートを促す大拡散月間に協力していただきたく、各TTのみなさんにお願いです。

1、自分の地元にトランジションタウンを立ち上げたい!!
2、自分の地元にもう一度トランジションを知ってもらう場を作って仲間を増やしたい。
3、近隣の地域にも仲間が欲しいので、立ち上げの支援をしてもらいたい。

などなど、トランジション・ジャパンでトランジションのパッションを持っている方々を支援させていただければと思っています。
そして、8月にはその6月に立ち上がった人たちを力づけるためのトランジション合宿を準備しています。 
トランジションな意思を持っているお知り合いの方がいましたら、ぜひ6月の全国トランジションタウン大拡散月間にお誘いください。
トランジションタウンの活動も様々なところで注目されている中、より点から線へ。線から面へ。 
今年度もガンガン楽しくトランジションしてまいりましょ~!
というわけで、トランジションタウンのプレゼンや、立ち上げ支援などをしてもらいたい方は、トランジション・ジャパン transitionjapan@gmail.com  まで、ご連絡をお願いいたします。

※またTTKメルマガに、各TTの情報を掲載することも出来ます。宛先:irukarma@gmail.com


2、トランジション・ファンディング経過報告
全国各地のTTのみなさんや同じ志を持つ活動家の方々の多大なご支援によって、第一目標の「よく生きるツアー」への参加と渡航が実現しました。奇跡的なTTファンディングの実現、本当にありがとうございました。みなさんの熱い想いと期待に応えられるよう、この貴重な機会を活かして、みなさんの目となり、耳となって、全身全霊で取材してきます。引き続き、TTファンディングの第二・三目標まで、ご支援よろしくお願いします。詳しくは、トランジション・ファンディング・フェイスブックページで。
https://www.facebook.com/events/952325811525083/permalink/956608591096805/
【現在の状況】
よく生きるツアー、渡航航空券、予約申込済み。


3、こがでん活動報告
3/13日、貫井北町センターにて、「かしこい電気の選び方」と題して、小金井市在住のみんな電力の大石さん、「かしこい電気の作り方」として藤野電力の小田嶋さん、また明日の森田真希さん、こがでんから佐藤さんがお話しました。46名の参加者は熱心にお話を聴いていました。
講演後の懇親会も、22名の参加で交流を深めました。ご寄付もいただき、ありがとうございました。
この講演会の様子は、CSRマガジン社が取材し、記事として掲載されました。ぜひご覧下さい。
http://www.csr-magazine.com/blog/2016/03/28/kogaden/
 
今月のイベントのご案内
「デンキを選べば社会は変わる!~自然エネルギーの地産地消~」
パワーシフトも可能な電力自由化のお話し:吉田明子さん(Friend of Earth Japan)
2016年4月16日 (土曜日)
午前10時~11時30分 参加費無料 申込不要
小金井市前原集会施設1階(小金井市前原町3-33-27)

主催 NPO法人こがねい市民発電 kogaden2013@gmail.com 留守電080-9170-2013(佐野)

協力 FoE JAPAN、NPO法人地域の寄り合い所 また明日、NPO法人むさしの市民エネルギー、
NPO法人みたか市民協同発電、一般社団法人八王子協同エネルギー、トランジションタウン小金井

1.国際環境NGOのFoE JAPANの吉田明子さんから、この4月から電力の自由化が始まり、自然エネルギーを選ぶと、どんな未来が待っているのかお話しいただきます。パワーシフト・デンキエラベル2016って?
http://power-shift.org/choice/
2.各地市民発電団体<武蔵野、三鷹、八王子>の活動紹介。
学校や農業施設などの屋根にどんな施設を作り、活用しているか紹介していただきます。建設で苦労したこと、作って良かったことなど実際の取り組みから、興味深いお話を伺います。

3.小金井市での、高齢者と子どものユニークな福祉施設「また明日」
そこにつくる市民発電所を説明し、寄付を呼びかけ、点灯式をご案内します。
NPO法人 地域の寄り合い所 また明日
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mata-asita/

参考サイト:みんな電力 http://corp.minden.co.jp/
      藤野電力  http://fujinodenryoku.jimdo.com/
こがでんホームページ
http://kogaden.jimdo.com/
こがでんフェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/kogaden/?ref=hl


5、TPPで私たちの食とくらしはどう変わる?
数日前、小金井市議会の本会議で「TPP(環太平洋経済連携協定)批准の慎重審議を求める意見書」が圧倒的多数で採択されました。(3月11日提出)
賛成は、自民、共産、民主、リベラル保守、生活者ネット、緑・市民自治、市民会議の18名。
以下、意見書の抜粋です。
TPPは農業に影響があるだけでなく、食の安全、医療、知的財産権、保険、労働、公共サービスなど、私たちの暮らしを取り巻くあらゆる分野に及ぶものである。どのような影響が出るのかは、国民の重大な関心事である。
また、国の主権を超えて投資家が国家を訴えることができるISD条項がTPPに盛り込まれたことは、乱用できないように一部制限されたとはいえ、行使次第では国の立法権や司法権を侵害する恐れがある。よって、小金井市議会は、国会及び政府に対し、国民生活、社会経済及び日本国憲法に記された主権への重大な影響があるTPPの国会審議に当たり、以下の点を求めるものである。

1 TPPの交渉経過や内容など全ての正確な情報を国民に開示し、分かりやすく知らせること。

2 TPPについての国民的論議を巻き起こし、その意見を充分聴取すること。

3 安易な採決は絶対に避け、充分な時間を取り、慎重に審議を尽くすこと。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成28年3月11日

小金井市民有志も下記の活動を始めました。ぜひご参加ください。

「TPPで私たちの食とくらしはどう変わる?」
〜映画「遺伝子組み替えルーレット」上映+講演会〜
TPPって、本当はどうなの?
「関税撤廃によって輸入品が安く手に入る」と、消費者にとってのメリットが謳われるTPP。
一方、農畜産業だけでなく、食の安全や医療、雇用、投資、保険、公共サービス参入、著作権など、市民生活のあらゆる分野に影響を与える問題が数多く指摘されています。
12カ国間での交渉は秘密裏に進められ、正式な日本訳文もないままに、2016年2月に調印。
今、国会ではTPP関係法案がわずか2カ月ほどの審議で、採決されようとしています。
このような状況下、農業・食育・医療・環境・平和など様々な分野に関心を持つ市民が集まり、多くの市民とともに「TPPがもたらすもの」を学ぶ連続学習会などを企画できないかと考え、「TPPから食とくらしを考える 小金井市民の会」を立ち上げました。
第1回学習会として、4月17日(日)に「TPPと食の安全」をテーマに、遺伝子組み換えと健康被害の関係に焦点を当てたアメリカのドキュメンタリー映画「遺伝子組み換えルーレット」の上映と、この映画の翻訳や、市民によるTPP条文の翻訳と分析に携わったアジア太平洋資料センター(PARC)事務局長の内田聖子さんによる講演会を市内の萌え木ホールにて行います。みなさま、奮ってご参加ください。
遺伝子組み替えルーレット予告編(48秒)
https://www.youtube.com/embed/NWlbRztxBqY
日時:4月17日(日)受付:9:30分/萌え木ホール(商工会館3F/小金井市前原町3-33-25)
10:00〜11:25 ドキュメンタリー映画「遺伝子組み替えルーレット」〜私たちの生命のギャンブル〜上映(アメリカ/2012年/日本語字幕85分)
11:30〜12:30 講演会〜TPP最新情報から〜「私たちの食はどうなる?」
内田 聖子氏/アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長
●参加費:資料代¥500/学生無料
詳細は以下のホームページ&フェイスブックで↓
http://think-tpp-koganei.jimdo.com/
https://www.facebook.com/events/1703355589911701/permalink/1703358413244752/


5、つながりの杜 En 報告【2016杜En始動】

3月27日、学芸大から借りている田んぼの田起こしをスタートしました。
梅の花に囲まれて、ほがらかな野良仕事になりました。
田んぼから、ほぼ畑のような土の状態になってしまっているので、これから何度か土をかきおこして、泥状にしていきます。畔も崩れてしまっているので、田んぼの土ができてきたら、ぼちぼち塗り固めていきます。次回は4月10日12:00〜15:00@若草研究室です。初参加・飛び入り参加・大歓迎です!
各自お弁当持参してお昼を食べながら今年の進め方を話し合いつつ、13:00から田起こしをはじめます。
そして、今年から若草研究室前でほそぼそ畑もはじめました。
農薬はもちろん、肥料もいれず、できるだけ耕さずにつくるので、うまくいくかは分かりませんが、チャレンジしてみます!
第一弾としてじゃがいもを植え付けました。すくすく大きくなりますように…!

つながりの杜 En フェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/tsunagarinomorien/?ref=ts&fref=ts


6、動画プロファイル
トランジション仲間は、遠く離れていても、志で強く結ばれていて、まるで蓮の花のようです。
蓮は地下の蓮根でつながっていて、泥の中から美しく力強い大輪の花を咲かせます。
蓮の花は、ナノ・レベルで汚れをはじき、浄化の象徴とされています。
ヒーリング作品・蓮のえにし(ダイジェスト)
http://youtu.be/WJbNjUD421E


7、TT Bar 4月
4月のTT Barは、4月7日(木)午後7:00から新小金井WESTで行います。
内容は、各ワーキング・グループからの報告と提案、今年の活動案などで他にあれば提案をしてください。見学、初参加も大歓迎です。※今月は新年度としてTTK年会費(千円)を受け付けます。
コミュニティ・カフェWEST
http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm


8、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ
俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。
私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。
そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。
こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。

毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。

4月(卯月)は「花筏」(はないかだ)です。

◯「寄り添うて やがてひとつに 花筏」 岩村(けやき句会出典)

意訳:春の水面に桜の花びらが沢山落ちて 少しづつ寄り集まって やがて桜色の筏のようになった。


9、シリーズ『言霊の巣』

以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年以上かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。再び小さな宇宙人アミの言霊です。


コトダマノス

ココハ愚者ノアソブトコロ

賢者モキタリテ アソブベシ



大和の国は 言霊の助くる国ぞ

磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 

= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。

万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)


『言霊の巣』テキスト−36 「愛を手にいれる」

愛は意識の繊細な成分である。それは唯一の合法的な“麻薬”である。
まちがって、愛が生み出すものを酒や麻薬に求める人もいる。
愛は人生でもっとも必要なものである。
賢者はその秘密を知っていて愛だけを探した。それを知らない人は外部ばかりを探した。
どうやったら愛が手に入るかって?
愛は物質でないから、どんな技術も役にたたない。
思考や理性の方には支配されない。それらが愛にしたがっている。
愛を手に入れるにはまず愛が感情ではなく、1つの存在だということを知ることだ。
愛とは何者かである。
実在し、生きている精神であり、われわれの中で目覚めると幸福を、すべてをもたらしてくれる。
どうやったら来てもらえるか?
まず、それが存在していることを信じることだ。
(なぜなら目には見えない、感じるだけだから。・・・人によってはそれを神と呼んでいる。)
そのあとで奥底にあるすまい=ハートに探すことだ。
もう、われわれの中にいるから、呼ぶことはない、来てもらうように願うのではなく、
出るように、自由にさせてやる、与えてやることだ。
愛は求めるものではなく、与えてやるものだ。
どうしたら愛が手に入るか?
愛を与えることによって。愛することによって。

「もどってきたアミ 小さな宇宙人」 より エンリケ・バリオス著
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○
10、編集後記
日本全国、津々浦々の方々のご支援によって、トランジション・ファンディングの第一目標が達成されて、歴史のあるエコビレッジ・フィンドホーンとトランジション活動の発祥地トットネスへのツアーに参加することが可能となりました。ここに改めて深い感謝の気持ちを表します。
ご支援、本当にありがとうございました。


以上、長文お読みいただきありがとうございます。

映像&編集責任者 梶間 陽一

映像作家
未来TV
ResisTV

トランジションタウン小金井 代表
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン副代表理事/映像ワーキング・グループ
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

NPO法人こがねい市民発電(こがでん)副代表理事
https://www.facebook.com/kogaden/info?tab=page_info

Enowa Project(笑の輪)
http://enowa2014.wix.com/college

トランジションタウン小金井(TTK)
~みんなで 地域力の発展へ~
~地域自給率100%の社会へ~
~石油・原発依存から自然エネルギーへ~
[PR]
by ttkoganei | 2016-04-08 22:29 | TTNews
<< TTK News 5月号 idemmsi >>