TTK News 5月号

○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 5月号
トランジションタウン小金井・ニュース(2016.5.11)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○
TTKニュース
1、南阿蘇震災復興ボランティア・南阿蘇よみがえり
2、フィンドホーン&トットネス視察・取材の報告
3、こがでん主催講演会「デンキを選べば社会は変わる!」報告
4、TPPがくらしに与える影響は? 医療・農業と食から考えてみよう!
5、つながりの杜 En 報告
6、動画プロファイル
7、5月TT Bar
8、何気に「俳句」登場
9、シリーズ『言霊の巣』
10、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

1、南阿蘇震災復興ボランティア・南阿蘇よみがえり

熊本地震による被害を受けられた方のための支援金を募集します。

ここで集めた支援金は、「南阿蘇震災復興ボランティア・よみがえり」へお渡しします。
南阿蘇には、トランジションタウン(持続可能な暮らしのまちを提案、実践する活動)のつながりのメンバーが多く在住し、活動しています。
この地震によって、地域の復興のためのボランティアチームを結成して、炊き出しや、片付け、物資の支援や情報伝達をしてくれています。日々の活動の内容はFacebookで公開しています。
トランジションのネットワークで心ばかりの応援をさせていただきたいと思います。
どうぞ、ご支援をよろしくお願いします。

「南阿蘇震災復興ボランティア・よみがえり」へ直接振り込んでくださってもかまいません。
またトランジション・ジャパン、または、小山宮佳江が受け付けます。

イベントで支援金を集めていただいたり、募金箱を置いていただける場合は、ネットワークのメールでもお知らせください。ほんとに少額でもかまいません。どうぞ、よろしくお願いします!

南阿蘇よみがえり・ボランティア掲示板
https://www.facebook.com/minamiasoyomigaeri/

南阿蘇よみがえり
https://www.facebook.com/groups/887238314735632/

●支援金振り込み先
団体名
★南阿蘇震災復興ボランティア・よみがえり
口座名 ミナミアソヨミガエリ
ゆうちょからのお振込みの場合
記号 17130
番号 30663041
ゆうちょ以外からのお振込みの場合
店名 七一八 (読み ナナイチハチ)
店番 718
普通預金 口座番号 3066304
南阿蘇蘇り

トランジションジャパンへの振込の口座は、
★銀行口座番号:山梨信用金庫 藤野支店 普通預金 0135779
名義:トクヒ)トランジションジャパン
★ゆうちょ銀行(ゆうちょ間)
記号 10190 番号 44847801 コヤマミカエ
(他金融機関)
店名 018(ゼロイチハチ)
店番 018 普通預金 4484780 コヤマミカエ
*************************

南阿蘇蘇りより

今回の地震で特に被害が大きい長陽地区 立野地区への支援物資の呼びかけ
避難所におられる方への炊き出し
家の片付けのお手伝いなど

行政や他のボランティア団体・南阿蘇に住む皆様と連携しながら
沢山の皆さんのお気持ちと共に、南阿蘇の復興に向け励みたいと思っています。

ご支援よろしくお願いいたします!

『南阿蘇よみがえり 投稿のまとめ。』
https://www.facebook.com/groups/887238314735632/permalink/891355694323894/

『南阿蘇よみがえりを立ち上げました。』
https://www.facebook.com/groups/887238314735632/permalink/887264174733046/

『ボランティアスタッフ募集について。』2016.4.28
https://www.facebook.com/groups/887238314735632/permalink/890047487788048/

今南阿蘇よみがえりで、とても必要としているのが
◎職人さん(大工 鳶など高所作業が出来る方 重機スタッフの手元 現場経験者)
◎体にいい食材(ひじきや切り干し大根や梅干しなどの乾物を含む)
◎お金(支援に奔走する車のガス代もかなりのものになっている)
◎支援活動をスムーズにするための事務局ボランティア
(特にこれからGWに向けての人やモノの動きをうまく切り盛りするための流れを
作るおてつだいが急務)
◎中長期炊き出しスタッフ
◎まかない作り 物資整理 配送などのお手伝い

*ボランティアは基本自己責任・自己完結です
ベースのロハス南阿蘇にてテント・寝袋など持ち込みでキャンプインや車中泊可。
来られる前にお住まいの地域の社会福祉協議会でボランティア災害保険Bに必ず
加入してください。

募金も、集まるところには十分に集まっているようですが、南阿蘇のほうはスタッフも少なく声がけが出遅れたため、持ち出しで支援活動を頑張っています。復興は長期にわたります。

どうぞみなさん、南阿蘇にも、お心添えをお願いいたします!

トランジション・ジャパン一同


2、フィンドホーン&トットネス視察・取材報告

みなさまのご支援のお陰で、よく生きるツアーに参加して、フィンドホーンとトットネス他の視察&取材の旅に行って、無事、帰ってまいりました。フィンドホーンは全てが見事に調和したハーモニーに包まれたようなコミュニティでした。クルーニーヒルという宿泊先とザ・パークというコミュニティ発祥の地は車で15分程離れていました。パークのコミュニティは、オリジナル・キャラバンという3人の創設者が初めに暮らしていたキャンピング・カーがそのまま保存されて、今もオフィスとして使われていました。
ラブ・イン・アクションというコミュニティの仕事をしていた時、そのそばで創設者の最後の生き残りのドロシーさんにお会いすることが出来て、感激しました。彼女は樹木や植物との交信をしていた方です。

トットネスでは、スカイプ・ミーティングで話したベンさんやロブさんとも会えました。2人とも気さくに私たちの質問に丁寧に答えてくれました。トットネスの案内は、若手リーダーのハルさんがやってくれて雄大な自然の中を散策したり、町の歴史を語ってくれたり、様々な活動の実例を紹介してくれました。
また隣町にあるシューマッハ・カレッジやそこの教授が暮らしている小規模なエコビレッジにも訪れました。いずれにしろ言葉で伝えるのは限界があるので、映像素材をまとめたいと思います。
【映像取材の状況】
フィンドホーン 約7時間収録 トットネス他 約7時間収録

映像編集作業のため、TTファンディングの第三目標まで、ご支援よろしくお願いします。
詳しくは、トランジション・ファンディング・フェイスブックページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/952325811525083/permalink/956608591096805/


3、こがでん活動報告
4/16、こがでん講演会「デンキを選べば社会は変わる!~自然エネルギーの地産地消~」
FoE JAPAN、NPO法人地域の寄り合い所また明日、NPO法人むさしの市民エネルギー、NPO法人みたか市民協同発電、一般社団法人八王子協同エネルギーのご協力で、各団体から大変貴重なお話があり、Looopの営業マンが個人で購入した電気自動車を見せていただき、シャトー2Fカフェでの懇親会も、美味しくにぎやかに自然エネルギー仲間が交流できました。
5/7、日本と原発4年後の小金井上映会からも、寄付をいただきました。

おかげさまで、藤野電力にお願いしているまた明日発電所蓄電システム工事の第一回が5/8終わりました。
5/17以降の太陽光パネル工事を経て、第二回の配線工事が終われば、5月末にいよいよシステムの稼働です。寄付金をまだまだ集める必要があり、関係者の借入れでつないでいるので、引き続き皆さんのご協力をよろしくお願いします。
お披露目の点灯式とNPO総会を6/18に予定しています。今後のお知らせにお申し込みの上、ご参加ください。(佐野)

NPO法人 地域の寄り合い所 また明日
http://www7b.biglobe.ne.jp/~mata-asita/
こがでんホームページ
http://kogaden.jimdo.com/
こがでんフェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/kogaden/


4、TPPがくらしに与える影響は? 医療・農業と食から考えてみよう!
〈小金井市民によるTPP連続学習会 第2弾〉
「TPPで私たちの医療と農業はどうなる?」
TPPが発効した際、日本の医療や農業にはどのような影響があるのか、全国保険医連合会の寺尾正之氏と元農林水産大臣でTPP交渉差止・違憲訴訟の会幹事長も務める山田正彦氏を講師に、TPPの最新情報を交えてお聞きします。

5月14日(土)
◆受付:13:30〜 ◆資料代:500円/学生無料
14:00〜15:00 講演会1
「TPPと医療・医薬品・国民皆保険の行方」:寺尾 正之氏(全国保険医連合会事務局)
15:10〜16:10 講演会2
「TPPは日本の農と食を壊す!」〜国会審議で何が問題になっているのか?〜:山田 正彦氏(元農林水産大臣:2010年就任、弁護士)
詳細は以下のフェイスブックで↓
https://www.facebook.com/events/1068513496540801/?active_tab=posts
主催:TPPから食とくらしを考える 小金井市民の会
http://think-tpp-koganei.jimdo.com/
問合せ:090-3813-7739(内田)

◯TPP関連・参考サイト
●緊急集会~TPP協定文リリースを受けて~取材記録、動画もあり。
http://www.blog-headline.jp/agriability/2015/11/tpp_2.html
●ヘレナ・ノーバーグ=ホッジが語る「TPPと日本のみなさんへ」(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=ncpacgBz6Hc
●TPP協定文の分析レポート(PARCアジア太平洋資料センター)※ダウンロード可
http://www.parc-jp.org/teigen/2016/tpptext201601.html
●ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて(トレーラー)
https://www.youtube.com/watch?v=NjO9if9kF6Q


5、つながりの杜 En 報告【4月活動報告と5月の予定】

4月は10日、17日、27日と毎週日曜日に学芸大に集まってじんわり汗をかきました。苗づくりもはじまり、田んぼ仕事、本格稼働です。今年は学芸大の学生さんがメンバーに加わり、学業の合間に水やりをしてもらっているので、とても助かっています!
子供も混じってワイワイ、ザクザクと田起こしをして、かっちんこっちんだった土も、大分ふっくらしてきました。5月からは水を入れて、畦づくりを進めていきます。
いよいよ今年は、若草研究室前ガーデンで、畑づくりもスタート。ジャガイモ、インゲン豆、ヤーコン、マクワウリ、ナス、トマト、ゴボウ、藍と、在来種を中心に種まきしてみました。去年、定植したブルーベリーに続いて、チコリやキンジソウ等も植え付け、想い想いの食べられる庭づくりが進行中です。フキ、コゴミが最盛期を迎えて、充実した山菜ライフを過ごしています。
今年は定例活動として、毎月最後の日曜日9:00〜12:00に学芸大の若草研究室に集まって活動することにしました。参加希望の方はご連絡下さい!!5月はやること盛り沢山なので、月末以外にも5月15日に集まって活動する予定です。(山口)

つながりの杜 En フェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/tsunagarinomorien/?ref=ts&fref=ts


6、動画プロファイル
小金井市では、毎年5月の日曜日にクリーン野川作戦と銘打って、国分寺崖線の湧き水が流れる野川で市民のボランティアによる清掃活動を行っています。毎年、300人以上の市民が参加して、50回を越えるこの活動の日に、いまだかつて雨が降った事はないそうです。不思議ですね。
今年は、5月29日(日)9時45分に、野川くじら山下原っぱに集合です。
春の野川にはだしで入るのは気持ち良いですよ。みなさん奮ってご参加ください。
クリーン野川作戦PV(約7分)
http://youtu.be/lLaZd8bMCa0


7、TT Bar 5月
5月のTT Barは、5月12日(木)午後7:00から新小金井WESTで行います。
内容は、各ワーキング・グループからの報告と提案、今年の活動案などで他にあれば提案をしてください。見学、初参加も大歓迎です。
コミュニティ・カフェWEST
http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm


8、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ
俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。
私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。
そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。
こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。

毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。

5月(皐月)は「五月雨」(さみだれ)です。

◯「五月雨や ころころ笑う 旅はじめ」 小林(けやき句会出典)

意訳:五月雨が降っている中、旅のはじまりの人々は、ころころと笑っている。


9、シリーズ『言霊の巣』

以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年以上かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。今回はドロシーが受け取った植物の精霊の言霊です。


コトダマノス

ココハ愚者ノアソブトコロ

賢者モキタリテ アソブベシ



大和の国は 言霊の助くる国ぞ

磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 

= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。

万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)


『言霊の巣』テキスト−37 「植物の精霊のメッセージ」

人間よ、私はあなたに話すことができます。私は自分に与えられた摂理にそのまま従っています。
植えつけられて、成長し、私はただそれを結実させているだけです。
あなたは私の意識に触れました。私はあなたに伝えなければならないことをよくわかっています。
自然力の場は、いろいろな障害があるにもかかわらず常に顕示されようとしているのです。
この顕示された世界には、確かにたくさんの障害があります。
例えばナメクジですが、あなた方はナメクジが私たちにとってとても大きな脅威だと考えていますが、そうではありません。ナメクジは自然の秩序の一部であり、野菜界では、ナメクジを養うことなど少しも意にかいしていないのです。
しかし、人間ときたら、当然のことのようにとりたいだけとるし、しかも全然感謝しないので、私たちは人間に対して違和感と敵意を抱いています。
人間はがいして、自分たちが一体どこにいくのか、そしてそれはなぜなのか知らないのです。
人間がもしそれを知ったら、すばらしく強力になることでしょう。人間が、自分たちは何をなすべきかについて、正しい道をとりさえすれば、私たちはもっと人間に協力できるでしょう。

「フィンドホーンの魔法」より ポール・ホーケン著
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○
10、編集後記
英国のエコビレッジの草分け、フィンドホーンとトランジションタウン発祥の地、トットネスへ行って来た。フィンドホーンは、スピリチュアリティ(精神性)とリアリティ(経済性・合理性)が統合された見事なコミュニティであった。そのベースには全ての人間と他の生命、そして地球への愛があふれていた。
数百人が暮らすコミュニティの電気をまかなっているウインドファーム(風力発電)に近づくと塔の下には美しいイラストが描かれていた。近づいた者にしか伝わらないメッセージであった。
トランジションの発祥地、トットネスで創設者のロブ・ホプキンスに会った。彼の口から出たメッセージは最も理想的なビジョンは、自分達がいなくなっても問題ないような世界が展開することであった。

以上、長文お読みいただきありがとうございます。

映像&編集責任者 梶間 陽一

映像作家
未来TV
ResisTV

トランジションタウン小金井 代表
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン副代表理事/映像ワーキング・グループ
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

NPO法人こがねい市民発電(こがでん)副代表理事
https://www.facebook.com/kogaden/info?tab=page_info
http://kogaden.jimdo.com/

Enowa Project(笑の輪)
http://enowa2014.wix.com/college

トランジションタウン小金井(TTK)
~みんなで 地域力の発展へ~
~地域自給率100%の社会へ~
~石油・原発依存から自然エネルギーへ~
[PR]
by ttkoganei | 2016-05-16 07:12 | TTNews
<< TTK News 6月号 TTK News 4月号 >>