カテゴリ:お知らせ( 7 )

新小金井市長へのパブリック・コメント

新しい小金井市長へ      トランジションタウン小金井からの提案

小金井市民として、パブリック・コメントを出させていただきます。

1、小金井市の廃棄物に関して
小金井市では、長期に渡ってゴミ問題が深刻化し、様々な問題提起がなされてきましたが、未だにゴミ問題は非常事態のままです。
例えば日野市では、行政・地域・市民が恊働で、一般家庭生ごみ回収・堆肥化事業に10年前から取り組み、コミュニティ・ガーデン「せせらぎ農園」などの開設と理想的な資源循環のモデルケースを創り上げています。
コミュニティ・ガーデン「せせらぎ農園」
http://ikasitai.info
小金井市でもただ広域処理で、税金でごみ処理をするだけではなく、市民やNPOとの恊働でこのような循環型社会の礎を築く取り組みが求められています。ごみなどどこにもなく全て資源なのです。
また捨て場所も将来は無くなります。特に核廃棄物は貯蔵年数が2万年から数十万年と長く、この様な期間に渡って、地中等に封印するのは、地震国では不可能です。維持コストも約50年後に人口が半減することからも、到底まかないきれません。ごみを出さない工夫と出たゴミの資源化は、日本中、世界中の喫緊の課題です。小金井市では電気を使わない生ゴミ・コンポストの推奨がまず必要と考えます。
例:ダンボール・コンポスト、バクテリア・デ・キエーロなど
キエーロは、鎌倉市・葉山町で約1000台の販売実績を持ち、葉山町のホームページで購入出来ます。
葉山市民は約12000円のコンポストを市の助成で1000円で入手出来ます。
http://www.town.hayama.lg.jp/kurasu/kankyo/namagomi_hojo.html
小金井市では、キエーロは、8割助成金がでます。つまり定価の2割で購入できます。
http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/kankyoubu/gomitaisakuka/zigyou/namagomisyorikihojok.html


2、小金井市の建物の省エネルギーに関わること
小金井市には、東京都の助成金5000万円をかけて、小金井市が土地を提供し、市民がボランティアで約2年を費やして、建設した「環境楽習館」がありますが、市民への知名度は低く、その存在さえ知らない市民も数多くいます。市民プロジェクトが、助成金に頼らない自立型の運営を目指して、結成した「雨デモ風デモ・ライフラボ」が運営したオーガニック・カフェ「雨風カフェ」の運営も行政が契約を約2年で打ち切り、今は閑古鳥が鳴いています。 市民が数ヶ月かけてアイデアを絞って考えた「雨デモ風デモハウス」という名称(愛称)も、議会の反対で変えられてしまいました。これではせっかくの高い意識と知識と情熱を持った市民の足元をすくうばかりで、現状の閑古鳥もやむなしです。行政や議会の体質改善を切に求めます。これからは人口減少の時代で、市民との高い恊働関係を築けない行政は、財政破綻やむなしです。上記のようにせかっくの宝物(資産)が今は、維持費のかかる負債となっています。対応策としては、市民団体やNPOと恊働して、活用していただく方向を探るのがいいと考えます。例えば、ソーラー・パネル等を増設して、完全オフグリッド化を市民と恊働で目指すとか、オフグリッドのエネチャージ・ステーション(充電ステーション)を設置して、スマホや電動アシスト自転車のチャージが出来るようにするとか、市民の役に立つ、且つ市民の足が向く「仕掛け」が必要と考えます。


3、小金井市の移動に関わること
小金井市は、ゆったりとした道幅がある道路も多く、自転車が大いに役立つ街です。北には小金井公園南には、武蔵野公園、野川公園という自然が豊かな広大な公園を有し、日曜日には街歩きを楽しむ人々が他市からも多く訪れます。こうした環境をさらに推し進め、アメリカのデービス市のように自転車の利用率が全国で1位というような街を目指してはどうでしょう。バイクパス(自転車専用道)が街の東西南北を結び、自転車でどこでも行ける街、他市から訪れた人には、JRのスイクルと連携し、様々なところに貸し出し&乗り捨てステーションがあって、ふらっと来ても、自転車で散策を楽しめるようなそんな街を目指したらどうでしょう。ヨーロッパ各市(例:ハンブルグ等)では、カーフリーデーといって、毎月一日、自動車に乗らない日を設けています。パーク&ライド(郊外都市に車を駐車して、電車で通う)も普及しています。JRモールと提携して、高架下に安価な駐車場を設けてはどうでしょう。
またトラム(路面電車)の普及も多く、トラムには自転車を持ち込めます。
また東京農工大学などと連携して、水素エンジン車(燃料電池車ではなく水素を燃やして走る)の恊働開発などを民間企業と連携してやって、ココバスを水素エンジン車にすれば、究極のエコカーとなりマフラーからは水蒸気しかでません。東京都市大学では、すでに40年以上の研究実績を持ち、大学のシャトルバスとして、実用化に成功しています。このエンジンは、ガソリン・エンジンの改良キットを使えば(既に開発済み)どの車にも応用出来るそうです。
小金井発水素エンジン・カーの普及もエコ・ビジネス化の大きなチャンスです。世界には約8億台の
ガソリン車が走っています。そして石油は、2006年にピークオイルを迎えています。
東京都市大学
http://www.tcu.ac.jp/topics/200904/20090410000000020.html
ピークオイル情報
http://post-peakoil.com/
ピークオイルのアニメ
http://www.youtube.com/watch?v=XrrVpf45w5E&feature=relmfu


4、小金井市の学習・啓発に関わること
小金井市には、多くの大学があり、そことの連携が求められています。
例えば、学芸大の中には市民農園があり、様々な市民団体が農園を借りて、農作業を楽しんでいます。
ピークオイルが数年後には影響を及ぼしはじめ、海外からの安い農産物の輸入は困難になります。
TPP批准によってもたらされる農産物には、モンサント等の遺伝子組換え食品が混じって、区別できず全ての国民が食すことになります。遺伝子組換え食品は、EUでは100%禁止されています。理由は2年に渡る動物実験の結果、癌の発生率が異常に高かったためです。(映画:モンサントの不自然な食べ物http://www.uplink.co.jp/monsanto/参照)
日本のように食料自給率の低い国は、先進国にはありません。他の先進国は、100%以上です。
その時必要になるのが、食の地産地消や自給的な暮らしです。キューバでは1990年代にピークオイルを経験し(ソビエトの崩壊によって)、町中のアスファルトをはがして、パーマカルチャー・ガーデンを作り、オーストラリアからパーマカルチャーの講師を呼んで、都市農業を推進し、一人の餓死者も出さずにピークオイルを乗り切りました。今では食料自給率100%以上の有機農業大国となり、次の本格的ピークオイルが来ても、びくともしません。市民農園・体験農園の普及啓発は、市内の農業者との連携・恊働をすれば低コストで、食の地産地消や自給的な暮らしを促し、将来のレジリエンス(困難に対する復元力)を高めます。

手前味噌ですが、TT小金井では、昨年から学芸大の中に農園をお借りして、農作業するグループが発足し、年末には、手作りした田んぼで出来た有機無農薬のもち米で、餅つきをやって大盛況でした。
市民の農や食への感心は、びっくりするほど高く、市民農園の拡大・発展が今、喫緊の課題と考えます。
つながりの杜 E n の田んぼ
http://youtu.be/OR-cgUdeifk


5、小金井市の市全体としてのビジョン作り
先にも述べたように、今後の政治・行政の視点に、地域・市民・NPOとの恊働・連携は必須と考えます。そのためには、共通の問題意識や今後の目指すべき街の姿(ビジョン)の策定が必要です。
環境政策をばらばらにやみくもにやったところで、資源循環型の街作りは出来ません。目指すべき理想の街のすがたを描けなければ、市民との恊働やNPOとの協力・連携は絵に描いた餅となるでしょう。彼らは税金をもらって働くわけではありません。より良い街作り、子どもたちのためにより良い環境を残すために無償で汗を流すのです。ですからどのような街にしたいのか、するのかを周知を集めて、時間をかけて議論する場が必要と考えます。因にTT小金井では以下の様なビジョンを描いています。
参考動画
2030TTKビジョン
http://youtu.be/QPk8JUo5DgA

2030年トランジションタウン小金井へようこそ!

ここは循環型郊外都市、トランジションタウン小金井だ。市内はどこへでも自転車でノンストップで行けるバイクパス(自転車専用道)が走り、自転車で10分以内で行く事が出来る。例えば小金井公園から野川公園までも、ノンストップで10分で走れる。周遊バイクパスではぐるっと回って30分コースもある。自転車に乗れない人のためには、水素エンジンのココバスが走っている。
市内の人々の乗る車も、東京T大学と東京N工大との協力で、ガソリン・エンジン車から水素・エンジン車に改造して、CO2の出ないクリーンな車に改造して、リユースされていて、さらにカーシェアーリング・システムによって、必要な人が必要な時だけ使うというシステムによって、無理なく、無駄なく、利用されている。
燃料の水素は、多摩川上水の水をソーラー発電で水電解して、貯蔵する仕組みによって、日中ほぼ365日、蓄積されて、水素エンジン、水素コ・ジェネレーション・システムによる発電と温水供給に利用されている。この仕組みと太陽光温水ソーラー発電のお陰で、小金井市の電気、暖房、炊事、のエネルギーはほぼ100%自給出来る様になった。
有機無農薬栽培の小金井産の「江戸東京野菜」などが、あちらこちらの市民農園で栽培されていて、食料の自給率はもう少しで100%になる。

このトランジション・タウン小金井のシンボル的施設がエクセルギーハウス「環境楽習館(旧:雨デモ風デモハウス)」だ。地下に約3トンの雨水を貯めて、ソーラーヒートポンプによって暖房したり、冷房にも活用している。バクテリアを利用したキッチン排水のビオトープ浄化システムと水耕栽培の組み合わせによる地産地消も実現している。コミュニティ・カフェとしてオーガニックな「江戸東京野菜」による発酵食ランチや日替わりシェフによる主婦シェフ・ディナーも人気がある。週末には、アコースティック・ライブやエコロジカル・シアターが開かれていて、毎回、満員だ。

ここを中心に環境をテーマとして環境市民会議やTTKや様々なNPOや市民や企業が集い、様々な連携も生まれつつある。
ある企業の廃棄物を別の企業の原料にしたり、行政の建物にソーラーヒートポンプを設置したり、また大学の敷地内に畑や田んぼを作り、農業コミュニティにより農作業を行うなど、様々なつながりや連携によって、循環型の都市への取り組みが始まった。
地域通貨の取り組みもここから始まった。地域通貨「桜」(さくら)のお陰で、新たな人のつながりが生まれ、地域の絆が強められ、同時に地産地消が促進され、市内での経済が活性化されてきている。
それによって地元で働く人の数が増えてきて、時間と経済のゆとりを生み出しつつある。
より少ないエネルギーや資源や経済で、より豊かに暮らせるライフスタイルが定着してきた。
地域通貨「桜」(さくら)は、全国のトランジションタウンやエコビレッジでも等価で使う事が出来る。また郊外のアズワン・コミュニティー等のエコビレッジや全国のトランジション・タウンとの連携も進みつつあり、相互に見学エコツアーや共同のワークショップや食材の物々交換などが頻繁に行われている。これらの活動は、エクセルギーハウス「環境楽習館(旧:雨デモ風デモハウス)」の拠点にある市民メディアによってWEBで日本中に、そして全世界へ、発信されていて、誰もがアクセスできる。WEBショップでは、小金井市の名産品や市民の手作りの作品やフェアトレード製品、などが販売され、全国からオーダーが来ている。サイクリング・マップも充実していて、自転車で巡る先進環境郊外都市としてますます注目を集めている。

武蔵野公園で行われる「はらっぱ祭り」はこれらの活動ともリンクして、今年は市内全域で連携して行われる予定だ。小金井在住のミュージシャンや芸術家、また他のエコビレッジやトランジションタウンからのバンドや演劇チーム、そして小金井からは、創立400年を誇る「結城座」や「ふるさとキャラバン」が参加する。NPO現代座とTTKのコラボ作品「トランジション・ストーリー」も今回、お披露目公演だ。江戸東京建物園では江戸の完璧な循環型社会の様々な商いや文化を紹介していて、まさに江戸にタイムスリップしてしまう。(つづく)
[PR]
by ttkoganei | 2015-12-03 09:28 | お知らせ

「世界が食べられなくなる日」小金井上映会のお知らせ

いま、わたしたちの食は静かに脅かされています。
すでに大量に輸入され口にしている、遺伝子組み換え食品の健康への影響、
原発事故後の食への不安…。この映画で浮かび上がる、
“遺伝子組み換え”と“原子力”、ふたつのテクノロジーの暴走。
未来を生きるすべての人に知ってほしい内容です。
f0205929_91752100.jpg

f0205929_9175536.jpg

○どんな映画?「世界が食べられなくなる日」
世界第2位の原発保有数58基が稼働中で常にリスクと隣り合わせのフランスと、福島第一原発事故以降の日本。その地に住む農家はどのような影響を受けたのか。
人間だけでなくすべてのいのちの根幹を脅かす二つのテクノロジーの共通点からみえてくる不都合な真実とは?『未来の食卓』『セヴァンの地球のなおし方』で“食の重要性”を訴え続けるフランス人監督ジャンーポール・ジョーがカメラを向けた、ドキュメンタリー映画です。

監督:ジャン=ポール・ジョー 
製作:ベアトリス・カミュラ・ジョー 
ナレーション:フィリップ・トレトン 
パーカッション:ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ
(2012年/フランス/118分/原題:Tous Cobayes?)
配給・宣伝:アップリンク 
協力:福島県民連、農民運動全国連合会、
大地を守る会、生活クラブ生協、ビオ・マルシェの宅配、
食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク、
パルシステム生活協同組合連合会、
ナチュラル・ハーモニー

日時:2014年1月10日(金)3回上映
   第1回10:00~(保育あり) 第2回14:00~ 第3回19:15~
   ※保育希望の方は事前にお申し込みください
 
場所:小金井市民交流センター 小ホール(JR武蔵小金井駅南口すぐ)
 
料金:当日1,200円 前売り1,000円 高校生以下500円
   日本語字幕入りの作品です(吹き替え版ではありません)

主催:「世界が食べられなくなる日」小金井上映実行委員会
共催:さよなら原発!小金井パレード 
後援:小金井市教育委員会

小金井上映協力:小金井の給食を守る会・小金井市放射能測定器運営連絡協議会・子どもと未来を守る小金井会議・トランジションタウン小金井・eシフト

前売券取扱店(12/7現在):武蔵小金井エリア 小金井市民交流センター(042-380-8077)、セレクトショップゆうすい(042-301-7345)、ろばや(042-388-5441)、新生書店(042-384-8700)、てのひらストア(070-6993-0545)  東小金井エリア カフェ・フラココ(042-207-0422) Maru cafe(042-384-2775)

※本作には、小金井市在住の母親たちが立ち上げた「さよなら原発!小金井パレード」第1回目(2011年6月12日)の様子が映っています。
※上映会をお手伝い頂ける方を募集しています。
問合せ:☎042-380-8270  sekatabekoganei@gmail.com 
[PR]
by ttkoganei | 2013-12-08 09:24 | お知らせ

【参加者募集中】持ち運べるソーラーシステムを作ろう!ワークショップ

f0205929_14235395.jpg


電気は自分でも作れる。使える。
自然エネルギーを活用してみよう!
配電網につながないオフ・グリッドなソーラーシステム。あなたも作ってみませんか?
カゴなどに入れて持ち運べる、コンパクトなサイズの独立型ソーラーシステムキットを一緒につくるワークショップです。

●作るのはこんなキットです
 出力5ワットのソーラーパネルで発電した電気をオートバイ用のバッテリー(直流12ボルト)に充電し、3.8ワットのLED電球を点灯します。また、USBアダプターも備え、例えばスマートフォンへの充電が可能です。
 ソーラーパネルは大きさがタテ約19×ヨコ25センチ、重さ500グラム。日の当たる室内やベランダなどに気軽に置いて発電できます。

●どんな風に使えるの?
 LED電球はデスクライト、非常時の照明などに使えます。十分実用的な明るさです。
 スマートフォンの充電もできます。

●どのくらい使えるの?
 晴れた日にフルに充電すれば、LED電球を1日約2時間半点灯できます。ソーラーシステムに十分電気がたまった状態であれば、スマートフォンの満充電が可能です。

●大きさ、重さはどれくらい?
 手軽な大きさのカゴ(目安としてタテ25×ヨコ×高さ15センチ以上)にすべてが入ります。重さは約3.5キログラム。少し重いですが、片手で持ち運ぶことができます。

●こわれないの?
 ソーラーパネルの寿命は10~20年と言われています。ただし落下の衝撃には比較的弱いです。バッテリーは使い方によっては数年ごとに交換する必要があるでしょう。

●モトは取れるの?
 使い方によります。40ワットの電球に置き換えて使うと仮定した場合(年間の電気代が約1千円)、バッテリー交換0回の場合には大体10年で元が取れる計算ですが、これはあくまで目安。電気を自分で作れるという発見、(ささやかですが)非常用の電源があるという安心感、自然エネルギーが使えるというよろこび、そしてワークショップを通じて広がるつながり。これらは参加費「以上」の価値をもたらしてくれるのではないでしょうか。

●どうやって作るの?
 当日、トランジション・タウン小金井会員のわたくし、斉藤が参加者のみなさんの製作をお手伝いいたします。斉藤は実際に持ち運べるソーラーシステムを作り、日常的に使っています。記事を書きましたのでご覧ください。

持ち運べる太陽光発電システムを作ってみた(地球のココロ)


●参加するには?
メールで申し込んでください。詳細は下記をごらんください。

<主催>
トランジション・タウン小金井
<日時>
2013年11月3日(日) 12:00~15:00
<場所>
都立武蔵野公園・くじら山地区 「武蔵野はらっぱ祭り」会場内・トランジションタウン小金井ブース
●武蔵野公園
http://musashinoparks.com/kouen/musasino/
●第25回 武蔵野はらっぱ祭り
http://the-harappa.net/
※雨天の場合は小金井市公民館緑分館学習室で開催します(日時は同じです)
●小金井市公民館緑分館(地図)
http://bit.ly/19H1dmS

<参加費>
1万円(独立型ソーラーシステムキット一式)
※料金プラスでソーラーパネルのアップグレードができます。申込時にご指定下さい。
・5ワット→12ワット:プラス1500円
 ※(パネル寸法38×27.5×2.5cm、パネルの重さ1.5kg)
・5ワット→20ワット:プラス3800円
 ※(パネル寸法34.5×48.5×2.5cm、パネルの重さ2kg)
<募集人数>
4人(申込先着順) ※見学は自由です!
<申込方法>
氏名、ご連絡先電話番号を明記の上、担当の斉藤までメールでお申し込みください。アドレスはmaddy0120★ybb.ne.jp(★を@に変えてください)です。先着順に折り返し、参加費の振込先をお知らせいたします。
<申込締切>
2013年10月24日(木) ※定員に達し次第締め切ります。

<注意事項>
1、製作したソーラーキットをお持ち帰りいただくため、参加者の方は手ごろな大きさのカゴをご持参ください。(目安としてタテ25×ヨコ×高さ15センチ以上)
2、参加者ご自身の責任においてご参加ください。けが等については、ばんそうこう等の応急処置のみいたします。それ以上の責につきましてはご容赦ください。
3、ご不明な点がございましたら、メールでお問い合わせください。

みなさんのご参加、お待ちしております!
[PR]
by ttkoganei | 2013-10-20 14:24 | お知らせ

10月28日(日)14時開始 環境講座「イン・トランジション2.0日本語版」上映会&トーク・セッションのご案内

f0205929_1339384.png

ご覧戴きまして誠に有難うございます。

10月27日(土)、28日(日)に小金井市環境市民会議とコラボをしてイベントを開催します。
今回はそのうちの28日(日)午後のイベントのご案内です。


*********************************************************************************************
環境講座「イン・トランジション2.0日本語版」上映会&トーク・セッション
●10月28日(日)午後1時30分開場 2時00分上映 3時20分終映
 3時20分~4時30分 トークセッション トランジションタウン小金井メンバー
+環境市民会議メンバー+会場参加者
●場所:東小金井マロンホール(東小金井駅開設記念会館) 1Fギャラリー 参加費無料
(住所:小金井市東町3丁目7-21)
主催 小金井市環境市民会議
協力 トランジションタウン小金井
後援 小金井市
●問い合わせ:090-6927-1903(梶間/TTK)

トランジション・タウンってな~に?

いま住んでいる地域をコミュニティの力を合わせて活動することで、持続可能にしていくこと。
それがトランジション・タウン。すでに全世界で1800地域、日本では30を超える地域がトランジション
・タウンとして名乗りをあげ、あるいはその準備を始めています。

『In Transition 2.0』は、日本語に訳せば『トランジション 進行中 2.0』。
イギリス、アメリカ、ニュージーランド、インド、イタリア、日本など世界16カ所の、
先進のトランジション活動をまとめた素晴らしいドキュメンタリーです。

トランジション運動の始め方から地方自治との協働まで。地域の発電所づくり、電子マネーによる
地域通貨づくり、空き地に菜園を作ったり、壁を塗り替えるだけでも、地域に活気が出てくる。
日本からは藤野電力の活動が紹介されています。
3.11後の日本をどうするのか、どうしたいのか? この映画を見れば自分達のまちは自分達で
作る、という選択肢が見えてくるでしょう。そして私たちの子どもや孫たちに持続可能で幸せな世界を
残しませんか?

映画を鑑賞したあとは、みんなでこの映画について、そしてこれからの暮らしについて、楽しく語り
合いましょう! その後、交流会も計画中!

※『In Transition 2.0』(『トランジション進行中2.0』)2012年、Transition Network制作 1時間6分
作品の一部が見られるトレーラー
http://youtu.be/dbec9BaGw9M

トランジション・ジャパン
http://www.transition-japan.net/

トランジションタウン小金井
http://ttkoganei.exblog.jp/


(文責:白木)
[PR]
by ttkoganei | 2012-10-17 13:41 | お知らせ

TTBar

重ねてお知らせです。
私たちトランジション小金井は毎月第1金曜日に他のトランジショングループのメンバーの方々などを交えて情報交換などを行うTTBarを行っております。参加自由、参加無料ですのでぜひお越しください。

・日時 毎月第1金曜日    19:00~22:00
・場所 トランジション・バー ウェスト

・参加費用 無料(ただし注文をする際は自費負担)
[PR]
by ttkoganei | 2012-04-28 19:53 | お知らせ

地球の詩

皆様にお知らせです。

私たちトランジション小金井は5/9に世界100カ国を自転車で駆け回り、様々な場所で講演などを開き活躍していらっしゃる松本英揮(まつもと ひでき)さんをお招きして「地球の詩」と題し、トークセッションを行います。また、プログラムが終わった後には松本さんとともに懇談会を開く予定です。皆様ぜひお越しください。

詳細
・日時    5月9日 開場18:30 開演19:00 終了21:00
・会場    マロンホール
・参加費    500円

地球の詩のパンフレット
f0205929_191452100.jpg


[外部リンク]松本英揮さんについてはこちら
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~ecohideki/  
[PR]
by ttkoganei | 2012-04-28 19:18 | お知らせ

twitterアカウント作りました

丸田くんからの提案でTTKをもっと人々、特に若い人たちに認知してもらうためにTwitterの活用をする事が提案され、了承されました。アカウント名はTTKoganeiです。
フォローしてくださる方は以下のURLよりお願いします。
みなさん気軽にフォローしてくだい☆

https://twitter.com/#!/TTKoganei
[PR]
by ttkoganei | 2012-04-12 22:36 | お知らせ