<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5/9こども子育てカーニバル準備打合せ

平成21年5月9日(土)子どもカーニバル等打合せ議事録 13:30~16:30 at 緑センター研修室C
参加:近藤、ポール、石原肇、いけえもん(記録)

●舞台でのプレゼン(全25分)

<時間配分と役割分担>
1.前段の挨拶(ポール)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3分
2.ピークオイルなどに関するプレゼン(石原肇)・・・・・・・・・・・12分
3.実体験のお話 + 一部実演(近藤) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・10分

<内容の概略>
1.昨年の環境博の映画「アース」の前のスピーチのようなイメージ。日本語教室のスピーチの内容を今回のイベント用にアレンジする。
2.ピークオイルとともに、現代の石油漬けの生活スタイルをわかりやすく説明する。トランジションのことに詳しく触れず、いずれなくなる石油のことを考慮し、昔の生活の知恵を役立てる必要があることを強調する。
3.2を受けて、実例を挙げる。薬が入手できなかったとき、ミミズで病を治した実体験を話す。そのほか、ムクロジを使った手洗いなど。最後に展示コーナーでは竹細工を教えてもらえることを宣伝。

<準備作業>
・特に2と3については、パワーポイントを作成する必要があるので、題材や説明内容等が決まったら、池竹に編集作業などを指示する。そのほか、薬草や山菜として利用してきた植物(ゲンノショウコ、ムクロジ、ノビル、ヨモギ、ノコンギク、カラスノエンドウ、ユキノシタなど)やミミズの写真や、昔の子どもの遊びなどの写真・イラストを集めておく(池竹、近藤)。なお、近藤さんの子ども時代の写真があると臨場感があってよいと思われる。
・パワーポイント作成にあたっては、今の生活と昔の生活が対比できるようにつくるとわかりやすい。ポールさんが作成したラクダの絵のパワポは子どもにも理解できそうであり再度活用できそうだ。
・参加者に対するアンケートをA4の1/4程度のボリュームでつくる。メールアドレスもしくは電話番号などを記入してもらう(池竹)。
・トランジションタウン小金井のパンフを準備。
・できれば6/20(土)のイベント、ビッグランチ、ホームページの紹介もしたい。

<5/12の全体会議に向けて>
・出席:近藤、池竹
・トランジションタウン小金井の舞台・展示等のタイトルと内容を書いて、月曜日に送る。タイトル「子どものために考えよう、石油のなくなる未来―競争から共生へ―」と内容(本日の打合せなどをふまえて池竹が作成)。
・会場のステージでのプロジェクターの使用や延長コードの必要性、展示に当たっての制約などを確認する。

●展示コーナー
・幅180cmの机が2つ(あわせて180cm×360cm)あるので、そこで竹笛作成の実演ができる。したがって、展示物の文字などは大きく表示しないと見難くなる。準備は佐藤さんに協力してもらえるので、今後具体的な準備を進めていく必要がある。例えば、ナイフなどを使うため、テーブルにはダンボールなどでカバーする必要がある、とか、展示物の貼り方の確認など。
・佐藤さんを中心に実演していただくが、皆川さんの参加如何を要確認。
・5/23(土)に梶野町の土屋さんの畑でケナフの植栽イベントがあるので、その際に(近藤さん、ポールさん?)が参加し、ご挨拶をすると共に、ネットワークを広げるチャンスとする。

<今後の予定>
5/21(木)の定例会(できればその前日)までにパワポ資料、スピーチ内容の原案を作成
5/30(土)17:00-20:00予行演習(緑センター)・・・学習室Aを確保しました。

●商店街のビッグランチ(ストリートパーティー)について
・まず、こちらで全てお膳立てすることが困難であることから、一緒にイベントをやってもらえそうか、当たりをつけることが大事。場所もどこの商店街が妥当かどうかも検討を要する。市内エコイベントの中心人物に連絡する。⇒本日FAXを送りました

●その他連絡事項
・Tさんに連絡がつき、5/21(木)の参加を確認。
・同日、Fさんはイベントのため参加が難しそう。

以上
[PR]
by ttkoganei | 2009-05-11 10:01 | 議事録(定例会以外)

5/7定例会議事録

平成21年5月7日(木) 定例ミーティング議事録 19:00~21:50  at マロンホール
参加:ポール、石原肇、渡辺、池竹(記録)

●チェックイン
・池竹:連休中は滋賀の山奥で1日座禅を組んでいたところ、父親が脳溢血で倒れたが、近所の友人の迅速な対応により事なきを得て、順調に回復。近所づきあいの大切さを身を持って感じた。
・石原肇:団地の運営委員会の事務局に就任。様々な既存のシステムの壁があるので、すぐにはうまくいかなさそうだが、近所の庭先販売所めぐりウォークや古着交換など楽しいイベントを企画していきたいと思っている。
・ポール:温暖化体操の人数が最近減ってきてしまった。緑センターの日本語教室でスピーチを3分間やることになったが、ここでトランジションのことを話したい。
・渡辺:連休に帰省した実家の町内会では、高齢化が進んでいて、だんだん地域のつながりが薄れてきてしまっていることを感じた。

●ホームページ
・トランジションタウン小金井がこれから目指すものを、ビジュアルに表現したい。マインドマップ、歌など感性に訴えるもので示すことを検討。
・個人の自己紹介文はABOUT USの一つとして載せる。
・ポールさんの自己紹介は基本英語で下書きを作成するが、必要に応じて渡辺さんに和訳のお手伝いをしてもらう。
・基本的なレイアウトはポールさんが作成を進める。

●ポールさんトットネス訪問報告会(6/7)に向けて
・5/9(土)or10(日)にポールさんと打合せを行うまでに、招待状を作成する(石原肇)。
・招待状は過去参加者(池竹が整理)やTT高尾等にも送る。
・可能であれば商店街で地域通貨勉強会も企画したい。

●こども子育てカーニバルについて
・本日佐藤さんと打合せをした近藤さんが、所用でこの定例会に参加できないので、この土日のどちらかで別途打合せ機会をもつ。⇒5/9に実施 後ほどアップします

●商店街のビッグランチ(ストリートパーティー)について
・市内のエコイベントで活躍された方に5/11~16頃連絡し、市内商店街の関係者を紹介してもらう。

●トランジション、ピークオイルに関する基礎的な理解について
・新しいメンバーの入会などに合わせて、ざっくばらんなプレゼンやその後のワールドカフェ方式の話し合いの場を設けたりする必要があるのではないか、ヘッド・ハートの両面で、我々自身の問題意識の共有にもなる。以下、ピークオイルの基礎知識に関する参考文献
 ・ エネルギー危機からの脱出(枝廣 淳子)
 ・ 石油ピークが来た―崩壊を回避する「日本のプランB」 (B&Tブックス) (石井 吉徳)

●新メンバー等
・三鷹在住の方。
・小金井市内在住の女性
お二人には石原肇さんが、21日の定例会に参加を打診中。他にもイベント開催候補場所の関係者にトランジションに関して興味がありそうな方がいるので、できれば仲間になってもいたい。

●その他
・パワーオブコミュニティの上映会もいずれはしてみたい。

●今後の予定、おすすめイベント
・5/11(月)中 こども子育てカ―にバル トランジションタウン小金井出展内容の概略提出
・5/12(火)午後 緑町参加希望者との顔合わせ(石原肇・池竹)
・5/12(火)19:00-21:00 2009年小金井こども子育てカ―にバル第2回全体会議(近藤・池竹)
・5/15(金) チェンジ・ザ・ドリーム・シンポジウム at東京体育館 第2会議室(池竹)
(自分の中で、世界の中で起こっている問題と向き合うワークショップ。時事問題的にも心の深いレベルからも、トランジションの問題意識を高めるとともに、具体的な行動へ)
・5/20(水)こども子育てカ―にバルプレゼン資料など提出締切
・5/21(木)19:00~22:00定例会(マロンホール)
・5/23(土)~24(日):トランジショントレーニングat代々木の国立オリンピック記念青少年総合センター(池竹参加予定)
・5/23(土)22:45~ イントランジション・ムービーのインターネット(トランジションカルチャー)上で公開される
・5/30(土)19:00~22:00 こども子育てカ―にバルステージ予行演習(緑センター学習室A)
・6/7(日) 11:00~16:00 子供カーニバルin学芸大芸術館
・6/13(土)or14(日) トランジショントークトレーニング
(トランジションをわかりやすく説明する方法、難しい質問への答え方など)
・6/20(土)ポールさん報告会&ワールドCAFÉ?atフラワーホール
・6/27(土) 環境市民会議主催 パーマカルチャー・センター・ジャパン見学会(池竹)
・8月:トランジショントレーニングat8月藤野
・11/14(土)-15(日) 小金井市環境博覧会in東京経済大学。テーマは環境と経済
[PR]
by ttkoganei | 2009-05-11 09:51 | 定例会議事録

4/30定例会議事録

平成21年4月30日(木)
20:00~23:40
場所:坐・和民
出席:近藤、ポール、石原肇、池田、中園、渡辺、いけえもん(記録)

今回は多忙であった池田さんが久しぶりに参加しました。
青梅に移住した石原将さんが、夜遅い始まりだったため、あいにく欠席されましたが、
他のメンバーは全員揃いました。

●ポールさんの提案とそれに対する意見
・夏休み前に「ビックランチ」をどこかの商店街で企画しよう
・その前に地域通貨ゲームイベントを興味ありそうな人を募ってやってみよう
(1/31イベント参加者、もう一つのお金の使い方勉強会参加者等をターゲットに人集め)
・ビックランチの後、商店街で小金井オリジナルの地域通貨の立ち上げに繋がるイベントを行う、といった流れで

●池田さんの提案
・本日配られたプリントのとおりです。忙しい中、ありがとうございました。
池田さんの提案事項のなかで主な事項は以下のとおり。

・子育てカーニバル
その後もお年寄りの生活の知恵をこどもたちに伝承する機会は継続する必要があること、
⇒基本的に同じ考えで進めている。
当日、池田さん個人としてはネットワーキングを広げる役割を果たしたい(参加の方向で検討中)

・環境にやさしい、効率的な乗り物の自転車にスポットを当てて街づくりを
⇒環境市民会議との共同で行っている、緑調査の中でも関連した情報を調査する方向である


●今後のトランジションに対するじゅんこさんかかわりについて
・各TTの活動が盛んになってくると同時に、トランジションジャパンの主要メンバーは、自分の属するTTの活動にかなりの時間とエネルギーを割いている。そのためトランジション・ジャパンとしての情報発信や他のプロジェクトとの連携など、対外的な基本機能が手薄になっていることが気になっている。これから立ちあがろうとしている地域の支援も大切。これからしばらくはそれらの活動に軸足をおくことになりそう。その結果、トランジションタウン小金井の活動にあまり参加できなくなる見込み。
・一方、一連の広報活動の中で出会った人で、これまで水曜の夜では参加できなかったが、TT小金井の活動に関心を持っている人が3人いるので、近々紹介する。

●今後の活動日(会合)の設定
・毎月第1、第3木曜日に、より地理的に便利なマロンホールを中心に定例会を行う。
(ただし、会場費がかかるので、毎回やるかは要検討)
・第4土曜日の午後(14:00ないしは16:00ぐらいから、よりざっくばらんな形で)
・定例会以外に、各イベントのコアメンバーで任意の打合せを行う。
(6/7こどもカーニバル、6/21ポールさんトランジショントットネス報告会)
・次回の定例会は5/7(木)マロンホールにて
(予約はポールさん)
[PR]
by ttkoganei | 2009-05-10 00:53 | 定例会議事録

4/22定例会議事録

平成21年4月22日定例ミーティング議事録 19:00~21:50 at 本町分館
参加:近藤(進行)、ポール、石原肇、石原将、渡辺、いけえもん(記録)

●チェックイン
・ポール:新学期を迎え多忙しさも一段落、お腹の脂肪が気になるがこれからがんばりたい。
・石原肇:先週は体調を崩して休んでしまったが、今日は調子がいい。からだのコントロールをしっかりしていきたい。
・石原将:今日小金井のアパートを引き払い、完全に青梅市の住人となった。小金井にはこれまで住んでいるだけだったが、小金井から離れたことで知ることもあるかもしれない。
・いけえもん:小金井市環境市民会議と合同で市内の緑調査を進めている。これまで以上に市内のことを知るようになったことが楽しい。
・近藤:健康にもよいので意識して歩くようにしている。体調がよいため酒がうまい。

●4/26(日)エコビレッジ国際会議におけるトランジションタウン小金井紹介のプレゼン準備(石原)。
・1990年のキューバの石油危機は、社会主義体制の元、トップダウン型で半ば強引に推し進めてきた部分もあるため、小金井のトランジションのお手本にはしにくい面もある。
・基本は食と農であるが、郊外の町と小金井を比べて大きく異なる点は、農地を管理するのが農水省ではなく国交省である点。
・小金井は都市でありながらも、農地が存在し一応農の勉強ができる場がある。
・キャンドルナイトが大盛況だったことや理解のある商工会関係者など、市民意識が高い点、教育レベル方観点など、トランジションを進められやすい素地がある。
・法政大、学芸大、農工大など、メジャーな大学がたくさんあるので、4年間のどこかで小金井でトランジションを勉強してもらって、卒業後職場のある町で運動を進めていってもらうチャンスもある、といった可能性もある。
・商工会、子育て関係NPO、行政などのキーパーソンとは良好な関係を築いている。
・小金井に似た他地域でもネットワーキングを進めていけばきっとうまくいく、「YES WE CAN」を広められればよいのでは。
など、様々な意見がでました。(⇒結果は大盛況。小金井の評判もよかった戸のことです・・ヒデさんより)

●4/24(金)17:30-19:00もったいない学会
・石原肇さんの提案に基づき、
「こどもたちの未来に向けて、私たちは何ができるのだろうか」あるいは
「暮らしやすいまちにするために、私たちは何ができるのだろうか」という問いを設定したフリートークを行うイベントがある。

●ポールさんトットネス訪問報告会に向けての準備状況
<会場>
・フラワーホールを確保。13:00会場、13:30スタート、16:30終了
(会場は12:30~17:00まで確保)
・スタッフを含めて20-30程度 の参加(MAX80人)とし、会費500円とすると、1~1.5万円。
・会場外のバーカウンターでは1杯400円のコーヒー(井戸水「黄金の水」を使用)等の準備も可能だが、1コインセルフサービスでコーヒーを出すことができないか交渉中。これまで話を進めてきたホール管理係の藤岡さんの管轄外なので、準備・片付けを全て行うということで、社長と相談するとのこと。
<内容>
13:30~
・トランジションのコンセプト、トランジション運動発祥のトットネスの紹介など、スライドで説明。
(ポールさんのプレゼンのリハーサル:5月下旬ごろに1回目、6月10日に2回目をメドに)
・質問
14:00~
オープンスペースにした場合
テーマは商店街活性化、地域通貨、農、温暖化、子育てなど様々なものが考えられるが、最初に発言する人は勇気がいる。参加者の積極性にゆだねられる部分がある。うまくリードできるかが課題。
ワールドカフェにした場合
わかりやすい設問を考える必要がある。イラスト、マインドマップを使って記録。
この場は営業チャンスでもある。イギリスではここから始まるプロジェクトもある。


●こども子育てカーニバルについて(近藤)
・舞台の25分:ポールさんプレゼン+近藤ムクロジを使った実演、時間帯は11:30~12:00を希望
・なぜせっけんの代わりにムクロジを使う必要があるのかを十分に分かってもらえるプレゼンが必要。
・小金井で石油のない時代はどんな生活をしていたのか、をよく説明する必要がある。
・当時の写真のパワポ映像、BGM、メドレーなんかを流して当時の時代をしのばせる演出があると良い。
・佐藤さん、皆川さんには、展示スペースにいてもらって、竹笛、竹とんぼを作る実演等をお願いしたい。

●定例会の日にちの再設定など
・全メンバーによる定例会:隔週開催については概ね合意。これに加えて各部会(ワーキンググループorプロジェクト)ごとに必要に応じて随時行う。
新たな意見
・満月と新月(相模湖)、24節気(藤野)という案もあるが、生活のリズムをつかむ上でやはり曜日を決めたほうがよい。火or木がありがたい(ポール)。
・場所は東小金井駅から比較的近い、マロンホール(有料300円/時間∴1回1200円)、東小金井駅南口1分の英会話スクール(ポールさん友人)を使わせてもらうことも検討
・月1回の土日については、第4土曜日14:00ないし16:00~としたい。
・満月の日は統計的に事故が起こりやすいのでできれば避けたい(結構本気!いけえもんが指を切断した2/8は満月の前日)

●4月下旬の定例会
・4/30(木)の定例会の場所は、「坐・和民」武蔵小金井北口店。久しぶりに池田さんが参加できる見込みで、武蔵小金井に戻れるのが20:30とのことでしたが、ポールさんが翌朝早いので20:00~22:00で予約。

●バーベキュー
・武蔵野公園にはテーブルと椅子があり、BBQセットが7台まで無料で借りられる。当日8:30受付、16:00まで使用可。ただし、事前の場所取りはできない。月1回のざっくばらんな会でここを活用することもできる。

●ホームページの内容
・各メンバーの自己紹介:池竹、渡辺、中園、近藤が原案作成。ただし、今回は時間切れで読み合わせはできず。
[PR]
by ttkoganei | 2009-05-10 00:48 | 定例会議事録