<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

TTK News 10月号

○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 10月号
トランジションタウン小金井・ニュース(2014.10.1)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○

TTKつながりのみなさま 

お月見の楽しい神無月になりました。沢山のイベントやお祭りが盛り沢山。

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○
TTKニュース
1、トランジション夏まつり2014 in 信州上田ムービー
2、秋のイベント・いろいろ
3、つながりの杜 En
4、ポット・ラック・シアター
5、ハケのぼちぼちハウス準備会Vol.9報告
6、TT BAR
7、内なるトランジション/その五:「 トップダウン から ボトムアップ へ」
8、何気に「俳句」登場
9、シリーズ『言霊の巣』
10、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○


1、トランジション夏まつり2014 in 信州上田ムービー
8月に信州上田市で行われて全国から240人以上が参加したトランジション夏まつりのダイジェスト・ムービーを制作しましたので、ご覧ください。
http://youtu.be/5Du80ChazqY

またトランジション夏まつりで紹介された「チェンジ・ザ・ドリーム」シンポジウムの紹介コーナーもアップロードしたので、ご覧ください。
http://youtu.be/YGsnLBAiyV4


2、秋のイベント・いろいろ
秋にはトランジション関連の様々なイベントがあります。

●10月19日(日)土と平和の祭典(大地に感謝する収穫祭)※今年は場所がお台場!
http://www.tanemaki.jp/saiten2014/
トランジション・ジャパンがブース出展します。A.M.10:00〜P.M.5:00(梶間が担当)

●11月1日(土)、2日(日)第26回武蔵野はらっぱ祭り(都立武蔵野公園はらっぱ)
http://the-harappa.net/
TT小金井としてブース出店します。A.M.10:00〜P.M.8:00
(展示)
2030年TTKビジョン展示、生ゴミ・コンポスト(バクテリア・デ・キエーロ)、ロケットストーブ(一斗缶を使って簡単に作れる燃焼効率4倍の調理用ストーブ)、こがねい市民発電展示、つながりの杜En(食の自給自足への第一歩としてのコミュニティー菜園記録)、TTKドコカフェ(地域交流の拠点となるスペース「コミュニティカフェ」探訪記)
(販売)
とろとろスペアリブシチュー+フランスパン付き(300円)、シチューにあう美味しい赤ワイン(300円)など。*循環型社会づくりのためにリユース食器を使います。ご協力を!    活動紹介のDVD、オーガニック・ハーブ
(ワークショップ)
これなら簡単! 持ち運びもできる独立型のちっちゃい太陽光発電機(20W)作りワークショップ
(事前予約が必要です。11/2日午後のみ)
※事前予約:添付のポータブル太陽光発電機作りWS申込書で申し込んでください。
(まったりスペース)
尚、例年通り、ブースの裏手に「まったりスペース」を作りますので、まったりしに来てね!(お酒等持ち込み歓迎!)
まったり&はまったり歓迎!

●11月16日(日)トランジション・シンポジウム
トランジション・ジャパン主催のシンポジウムを明治学院大学で開催します。
地域からはじめる未来デザイン
・アズワン(TT鈴鹿):ギフト・エコノミー
・遠州トランシションタウン:フォレスト・ガーデン
・TT世田谷 茶沢会:世田谷みんなのエネルギー
フェイスブック・ページあります!
https://www.facebook.com/events/835222183184742/?ref=22

●11月27日(木)リ・エコノミー、地産地商 in 小金井 19:00〜21:30 at きたまちセンター学習室 参加費800円
トランジション活動の発祥地、イギリス・トットネスからリ・エコノミー運動の中心人物、ジェイ・トンプトさんを
お招きして、リ・エコノミー活動の実例をお聞きします。
 地域のレストランなどででた廃油で運営されるローカル・バス&輸送会社。地元の酵母・小麦でつくられた100%地元素材の素敵なパン屋さん。ホームレスに空洞化した街の空家管理をお願いする【ガーディアン】など、様々なタイプのローカルでの自立循環型ローカルビジネスの実例講演会。

3、つながりの杜 En WG報告
杜En 田んぼの餅米の稲はたわわに実っています。一粒万倍とはまさにこのことですね!
9月は、9/15(月・祝日)に開催。(小澤さんご夫妻、るーさん、てるの4人が参加。)
冬野菜の種まきをしました。(冬菜・東京長かぶ・ガルギール・中葉春菊・ごせき晩生小松菜)
 
10月は、10/4(土)と10/26(日)の2回で枝豆収穫、稲刈りを予定しています。
みなさんの参加をお待ちしています。(てる)
参加希望者は、てるまで。shimizu@advantagejapan.com


4、ポット・ラック・シアターWG
9月のPLTは、9月21日(日)18:00から、きたまちセンター(公民館貫井北分館)生活室ABで行いました。
参加者は5名で、その中のお二人は学芸大と明治大の姉妹が初参加してくれました。

次回ポットラックシアターは、10/12日の午後5時から9時40分に北町センター生活室ABでおこないます。
参加費:カンパ制(カンパお願いします)※今後のDVDアーカイブに使用します。
一品(食べ物&お酒など)持ち寄り、食器・調理器具・火気・冷蔵庫、あり。グラス無し。

作品候補は、HueHue Coyoteプレゼン(メキシコ・アートエコビレッジ)、などです。


5、ハケのぼちぼちハウス準備会Vol.10報告 & Vol.11

ハケのぼちぼちハウス準備会は、三田の家の活動に触発されて、小金井にも作りたい有志が集まって始めました。
たまら・びのまちの未来セッションでお会いしたご縁から生まれた「ハケのぼちぼちハウス」準備会ですが10回目は、きたまちセンター生活室に5名が集いました。はらっぱ祭りでの展示や今後の運営に関して話し合われました。10月のハケぼちは、舞台を再び、あの若草研究室に戻して、薪ストーブの出番がやってきました!

10月24日(金)19:00〜22:00 at 学芸大、若草研究室 参加費500円、軽食・お酒付き、持ち込み歓迎!
Google Map: http://goo.gl/maps/IDlm2
テーマ:はらっぱ祭り、若草ガーデンの未来、今後の運営、助成金の使い道
ハケぼちライブ・メモリー(ANNAちゃん)
http://youtu.be/853DNcmEPa8


6、TT Bar

10月のTT Barは、10月2日(木)、19:00から新小金井WESTで行います。
内容は、つながりの杜En、ハケのぼちぼちハウス、ポットラックシアター、コミュカフェWG、各ワーキング・グループからの報告と提案。
その他、2030TTKビジョンを使ったパンフ制作、はらっぱ祭り、リエコノミー・イベント
などで他にあれば提案をしてください。見学、初参加も大歓迎です。
喫茶WEST
http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm


7、内なるトランジション/その五:「 トップダウン から ボトムアップ へ」

私たちの環境や社会を変化させるためには、まず自分の内側(心や精神)が変化することが必要です。
他者を変える事は出来ませんが、自らが変化することで、結果的に他者が変容を起こすのです。
これが「内なるトランジション」の本質です。
いつも話題にはなるけど、具体的なイメージをつかめなかった「内なるトランジション」ですが、これをもっとわかり易い言葉や表現に置き換える試みです。

その五:「 トップダウン から ボトムアップ へ」
政治や行政のやり方「トップダウン」型ではなく、市民の自主性で発案し、協力して、協働して、実現して行く「ボトムアップ」型へ、実はこれが社会変革の一番の原動力であり、近道なのです。
社会変化への第一歩は、NPOやNGO、アーティストといった市民から始まり、次にマーケティングをやっている企業が参加し、その後、行政が協力・応援して、民意が形作られて、その後、政治が動いて、法整備などをします。つまり市民活動から始まるのです。何かを待つのではなく、自ら考え行動する時です。

疑ってはいけない。思慮深く、献身的な市民たちのグループが世界を変えられるということを。
かつて世界を変えたものは、実際それしかなかったのだから。
マーガレット・ミード(米国、文化人類学者)

トランジション活動は壮大なスケールで行われている社会的な実験です。したがって上手くいくかどうかは分りません。でも、私たちは確信しています。もしも政府が何かしてくれるのを待っていたら全然足りないし、間に合わない。もしも個人として行動したら全然足らないでしょう。
しかし、コミュニティとして行動すればギリギリ足りるかもしれないし、間に合うかもしれません。
(映画「In Transition2.0」より)
映画「In Transition2.0日本語版」トレーラー
http://youtu.be/dbec9BaGw9M


8、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ

俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。
私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。
そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。
こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。

毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。

10月(神無月)は「秋の陽」(あきのひ)です。

◯「秋の陽を 三角四角に 折りたたむ」 寿美子(けやき句会出典)

意訳:秋の陽の差し込む居間で、折り紙をしている作者。秋の陽を折り紙とともに折りたたんだ。


9、シリーズ『言霊の巣』

以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年以上かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。今回はイルカの言霊です。


コトダマノス

ココハ愚者ノアソブトコロ

賢者モキタリテ アソブベシ



大和の国は 言霊の助くる国ぞ

磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 

= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。

万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)



『言霊の巣』テキスト−18 「二元性と両極性」

精神世界の見方からすると、人間は「二元性」(Duality)の世界に生き、イルカは「両極性」(Polarity)の世界に生きているという。
二元性とは、すなわち「プラス・マイナスのエネルギーがそれぞれに個性を持って、互いに競争、判断、批判をし合う。エゴ、怖れ、抑圧、境界線、分離が起こり、エネルギーが流れない。
結果にこだわるために、相手や状況をコントロールしようとする」ことをいう。
一方、両極性とは「互いに異なるエネルギーを持つが、競争のない共同創造の世界。
例えば陰と陽、ポジティブとネガティブ、男と女など、自然に存在するもので、調和・平和的な方向性を持つ」ことをいう。まさに相互利他主義こそ、両極性そのものといえるだろう。
そしてさらにいうならば、人間は今、二元性の世界から両極性の世界へと移行しつつある。
イルカのような、互いに自由でいながら、助け合いの精神に満ちあふれた世界へと向っているのである。そして、それがまた地球のアセンション(進化)につながる。

「イルカのアヌーからの伝言」より 野崎友璃香

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○
10、編集後記
楽しい人の会のご縁で「立川ミライ会議」に参加してきた。立川で様々な形でまちづくりに関わる人たちと交流して、やはり想いは同じで、より良い街、より良い暮らし・未来を求めて、日々活動している人々だった。
そういう人たちをつないで、新しい次元に昇華し、新たな事業を創造するファシリテーションも新鮮だった。ちょうど地域通貨のデシリスト(出来る事・して欲しいことリスト)を交換して、その先はコラボレーションしたり、アドバイスし合ったり、人や情報を紹介し合ったりする。それをワールド・カフェ形式で繰り返してシャッフルしながら、共通項を見つけたり、ヒントを出しあったりして、実現の可能性を高めてゆく。
ウーン、これはまさにトランジション的な手法だな〜! まだこういうやり方もあったな〜! 小金井でもやってみたいな〜! 全国のTTでも応用できるな〜! と思った。 興味のある方お薦めです!
立川ミライ会議
https://www.facebook.com/events/232738900245833/?ref=22


以上、長文お読みいただきありがとうございます。

編集責任者 梶間 陽一
トランジションタウン小金井 代表
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン理事/映像ワーキング・グループ
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

映像作家
TheResisTV(YouTube)
http://www.youtube.com/my_videos
[PR]
by ttkoganei | 2014-10-25 09:24 | TTNews

TTK News 9月号

○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○●○○○○○
Transition・Town・Koganei・News 9月号
トランジションタウン小金井・ニュース(2014.9.1)
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○

TTKつながりのみなさま 

秋の虫の音のハーモニーが心地よい長月になりました。

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○
TTKニュース
1、オールトランジションミーティング&夏まつり♪報告
2、カンタ!ティモール自主上映会、報告
3、TTKドコカフェ
4、つながりの杜 En
5、ポット・ラック・シアター
6、ハケのぼちぼちハウス準備会Vol.9報告
7、TT BAR
8、内なるトランジション/その四:分断 から つながり へ
9、何気に「俳句」登場
10、シリーズ『言霊の巣』
11、編集後記
○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○

1、♪オールトランジションミーティング&夏まつり♪報告
参加者の感想
●いい出会いもあったし、学びがとてもたくさんありました!ありがとうございます。日本全国のトランジションタウン・ムーブメントのつながりは、ほんとに希望だなぁと思いました。(菜央さん:Grennz.jp代表)
●上田だけでなく、信州につながりが広がっている、広がって行くんだなあとも感じました。
全国各地の人たちとの出会いも嬉しかったです。会うたびに、近しくなっていくのを実感します。
また、今回このTTまつりに初めて参加したと言う人にも何人か出会いました。
「つながりって、どんなことか」と問いかけをしている人にも会いました。
フィナーレでは、思わずか、涙している人もいました。ぼくも、湧いてくるものがありました。
それぞれ離れて暮らし、活動もしているけど、隣人としてやっていきたいと思いました。
(宮地さん:アズワン)
●地元のステキなひとたち。GOROPIKAさんのファイアーパフォーマンス。
全身で大地の鼓動を感じさせてくれた サブニュマさんたち。最高だったー!とお伝えください〜☆
上田のおばちゃんたちといっしょに おやきも作らせていただきました。美味しかったです!
久しぶりに会う全国の仲間と笑顔と言葉を交わし合い、この機会にはじめて出逢えたみなさまと新たにつながりあえた喜びは、大阪に戻った今、この温度のまま大切に、関西の仲間に伝へ、自分の暮らしや活動へのパワーとしてゆきたいと思います。行ってよかったー!楽しかったー!
(きらさん:TT大阪☆天満橋&中津)
●この場にいるひとみんなが、家族のようで、胸がいっぱいで涙がでそうでした。
いっぱいハグして、いっぱいわらって、幸せな2日間でした。
参加できなかったみなさん。近いうちに写真をfacebookを中心にアップしますので、シェアしてくださいね。心はいつもみなさんと共にあり、同じ方向を観てる。たくさんの仲間がここにいて、いつでも助け合えることをどうぞ、感じてください。ありがとうございました。さあ、またがんばれるぞ!という気持ちになりました。
(みかえさん:TT藤野/TJ)

2、カンタ!ティモール自主上映会報告

8月15日、地球環境パートナーシッププラザで、カンタ!ティモール自主上映会が行われました。
お陰さまで43名が集まり、映画も得るところがたくさんあったようです。
映画は初めての方が多かったですが、中には自主上映もされて観るのは6回目だけど「終戦記念日だから観にきた」と言う方もいらっしゃいました。深く考えさせられたり、勇気づけられたり・・・感動して泣いている方があちらこちらにいました。終戦日にふさわしい映画だとのコメントもありました。(かおり/TT横浜)

★主催:TTよこはま、共催:JEPP(日本エコビレッジ推進PJT)、トランジション東京

3、TTKドコカフェWG報告
TTKの新しいワーキングループ『ドコカフェ』についてご紹介させていただきます!ドコカフェとはどこかにあるコミュニティカフェを訪ねたり、我々自身がどこかに素敵なコミュニティカフェを設けたりすることを目的に、近隣のコミュニティカフェを視察研究するグループです。(*コミュニティカフェとは、地域の課題解決に向けてコミュニティの人々に居場所・有益な情報・つながりを提供するカフェのことです!)

そして8月に我々が訪ねたのは谷保駅から徒歩5分の「やまもりカフェ」さん。「やまもりカフェ」さんは国立市にある地域交流スペース「やぼろじ」に併設された、心に美味しく体に優しいお食事を出してくれる素敵なお食事処です。加えて「やぼろじ」は、もともと空き家化していた古民家と日本庭園をリノベーションによってよみがえらせ、地域の異世代間交流の拠点として活用している空間です。広々としたお庭には小さな水辺や石橋まであり、なつかしくて心地良い空間でした。
訪問当日は親子向けのイベントデー「こども縁日」いうこともあり、ちびっ子やお母さん方が大勢集まって大賑わい。無添加ソースのやきそばや甘い焼きもろこし、オーガニックの焼きソーセージなどを頬張りつつ、木陰で楽隊の演奏に耳を澄ませたりシャボン玉を飛ばす子供たちを目で追ったりしていると、あっという間に時間が過ぎました。
私自身が熱中症でダウンしかけるほどの猛暑日でしたが、催しにはちびっ子とお母さんが大勢集まってかなり賑やかでした。ちびっ子店員さんもかわいかったですし、ご飯も美味しかったですよ〜
(ちなみに私の一押しは手作りのスイカジャムのかかったかき氷です!)
ちなみに「やまもりカフェ」さんでは親子料理教室や親子ヨガなど、通常営業の他にたくさんの催しを開催しているとこのこと。子供たちの口に安心して入れられる素材と調理法でお料理を出し、親子がのびのびとくつろげる時間を提起している「やまもりカフェ」さん、ぜひ再訪したいと思います!(えりか)
facebook page
https://www.facebook.com/groups/1428321327440425/?ref=ts&fref=ts


4、つながりの杜 En WG報告
8月は、8/12(火)にミーティングを開催し、5名が参加して、若草ガーデンとの連携などを話しました。
農作業は、8/17(日)に4名が参加して行いました。暑い中、気持ち良い汗をかきました。
トマトのアイコが沢山、収穫出来ました。その他、オクラ、トウガラシ、ナスなど。
9月は、9/15(月・祝日)と9/27(土)の2回を予定しています。
秋の種まき、枝豆収穫、稲刈りと続いていきます。
まずは、継続することを大切にボチボチ活動しています。(てる)


5、ポット・ラック・シアターWG
8月22日(金)19:00から、きたまちセンター(公民館貫井北分館)生活室ABでPLTが行われ、映画「Money & Life」(日本語字幕付き)を見ました。上映協力:トランジション藤野
地域で循環する経済と貨幣、ボランタリズム、ギフト、といったコンセプトが語られて、経済至上主義の息苦しさを感じました。えりかさんとICU仲間はなえさんが参加し、要さん作のつながりの杜Enで収穫したトマトソースの絶品パスタをいただきながら、みなさんでセンター閉館時間まで上映後のお話が盛り上がりました。(さのちゃん)


6、ハケのぼちぼちハウス準備会Vol.9報告

ハケのぼちぼちハウス準備会は、三田の家の活動に触発されて、小金井にも作りたい有志が集まって始めました。
たまら・びのまちの未来セッションでお会いしたご縁から生まれた「ハケのぼちぼちハウス」準備会ですが9回目は、きたまちセンター生活室に4名が集いました。はらっぱ祭りでの展示や今後の運営に関して話し合われました。


7、TT Bar

9月のTT Barは、9月4日(木)、19:00から新小金井WESTで行います。
内容は、つながりの杜En、ハケのぼちぼちハウス、ポットラックシアター、コミュカフェWG、各ワーキング・グループからの報告と提案。
その他、2030TTKビジョンを使ったパンフ制作、はらっぱ祭り、リエコノミー・イベントなどで他にあれば提案をしてください。見学、初参加も大歓迎です。
喫茶WEST
http://www.koganei-s.or.jp/tenpo/0037/index.htm


8、内なるトランジション/その四:「分断 から つながり へ」

私たちの環境や社会を変化させるためには、まず自分の内側(心や精神)が変化することが必要です。
他者を変える事は出来ませんが、自らが変化することで、結果的に他者が変容を起こすのです。
これが「内なるトランジション」の本質です。
いつも話題にはなるけど、具体的なイメージをつかめなかった「内なるトランジション」ですが、これをもっとわかり易い言葉や表現に置き換える試みです。

その四:分断 から つながり へ
競走社会は分断を引き起こし、個と個を引き離しますが、協力社会は個と個をつなぎます。
競走から、協力へ、優劣を競い合うのではなく、個性を認め合い、世界でただ一つの存在を尊重し、活かし合って、お互いを高め合う社会、協力する事で個人では出来ない事をなし得る喜びと達成感、大きな力=政治や行政、に頼らなくても、個と個が協力する事でなし得る事が明日への希望を醸成します。
未来はともに描き、共に汗かき、ともに実現するものです。みなさん、楽しく繋がりましょう!(TT)

今月の歌
http://youtu.be/5fm9DVFYYU0


9、日本の伝統文化=「俳句」シリーズ

俳句は世界一短い「詩」として、庶民の芸術として、古来から親しまれてきました。
私は、2年間程、句会の幹事をしたことがあります。
そして、俳句を通して、日本語の多様さ、多彩さ、奥深さを実感しました。
こうした日本の伝統的な文化や智慧に触れるのも、トランンジション活動に彩りを加えるでしょう。

毎月、季語のある俳句を一句ご紹介します。みなさんからの投句も大歓迎します。

9月(長月)は「稲雀」(いなすずめ)です。

◯「稲雀 そこは御法度 古代米」 小林(けやき句会出典)

意訳:稲が実る頃に群れをなしてやってくる雀たちよ、希少な古代米は食べちゃだめ!(笑


10、シリーズ『言霊の巣』

以前からTTK MLには流していたテキスト名文集、『言霊の巣』ですが、これは実は私が約30年間かけて集めた言霊テキスト全集です。友人が集めたものも含めて100点以上の選りすぐりのコトダマが登場します。みなさんの感想もぜひお聞かせ下さい。今回はスティーブン・ホーキングの言霊です。


コトダマノス

ココハ愚者ノアソブトコロ

賢者モキタリテ アソブベシ



大和の国は 言霊の助くる国ぞ

磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ 真幸(まさき)くありこそ 

= わが日本の国はコトダマが人を助ける国です。どうかみなさんお幸せに。

万葉集(巻十三)  柿本 人麻呂(カキノモトノ ヒトマロ)



『言霊の巣』テキスト−17 「神の意図的な行為」

膨張速度が、再崩壊を避けるための臨界速度に今日依然としてこれほど近いようにするためには、初期膨張速度もやはり非常に正確に選ばなければならなかっただろう。
これは、もしビッグバン・モデルが時間のはじまりまでぎりぎりさかのぼっても正しいとすれば、宇宙の初期状態は実に注意深く選ばれたにちがいないということを意味する。
なぜ宇宙がまさにこのやり方ではじまらなければならなかったのかを説明するのは、われわれに似た存在を創造しようとする神の意図的な行為として見るのでなければ、たいへんむずかしいだろう。

スティーブン・W・ホーキング(理論物理学者)

ホーキング、宇宙を語る 〈ビッグバンからブラックホールまで〉 早川書房

○○○○○○○○○○○●○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●○○○
11、編集後記
1707年、日本の歴史上最大の地震、宝永大地震が発生、その49日後に富士山が大噴火を起こした。
火山灰は江戸の町でも5セントはつもり、農業は壊滅した。その後、大飢饉が発生し、江戸幕府は破綻寸前になった。そこで武蔵野の新田開発に大抜擢されたのが押立村の川崎平右衛門だった。
平右衛門はまず餓死寸前の農民にお救い米を配り、命を救い、その後、赤ん坊からお年寄りまで参加出来る協同組合方式の相互助け合いによる新田開発を編み出し、不毛の大地といわれた武蔵野台で米の作付けを成功させる。こうした歴史的大災害を農民出のリーダー平右衛門がボトムアップ式で
人心を集め、協力させ、そこに幕府のトップダウンの力が加わって、この未曾有の危機を一点突破した一大歴史ミュージカルが、NPO現代座で上演される。これは江戸時代に起きたトランジション活動の原点ともいえるヒントの一杯つまった演劇で、TTメンバーは必見と思われる。(笑
詳しくは、ホームページで。
合唱構成劇「武蔵野の歌が聞こえる」〜武蔵野を協同の大地に変えた 川崎平右衛門
企画/制作 NPOシニアSOHO小金井 & NPO現代座
http://heiemon.org/
facebook
https://www.facebook.com/events/1519127711632214/?ref=23

以上、長文お読みいただきありがとうございます。

編集責任者 梶間 陽一
トランジションタウン小金井 代表
http://ttkoganei.exblog.jp/
http://www.tt-koganei.com

NPO法人トランジション・ジャパン理事/映像ワーキング・グループ
http://www.transition-japan.net/
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/blog/thetransitiontv.html

映像作家
TheResisTV(YouTube)
http://www.youtube.com/my_videos
[PR]
by ttkoganei | 2014-10-25 09:09 | TTNews